転職を成功させるための自己分析ノウハウ ポイント3つの詳細

転職を成功させるための自己分析ノウハウ ポイント3つ

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

悩んでいる女性       


 

転職活動の際、どこの転職エージェントでも必須と謳う「自己分析」

一体自分はどういうことが好きで、どんなことを得意としていて、それに見合ったどんな経験があるのか?そして不得意としていることは何があるのか?
まずは自分自身で自分のことを分かっていないと第三者にも伝えようがない。

 

 

“自分のこと”なのにも関わらず意外と難しいこの自己分析。
“できているつもり”でも本当は他人に映っているあなたは全く別モノかもしれない。
そう、自己分析はただ教科書通りに行えばいいというものではないのだ。
転職活動の失敗から転職成功へ(http://job.big-finding.com/)より
礼儀、言葉遣い、服装などは面接マニュアル通りにすれば良いでしょう。 しかし、自己分析は自分の経験してきたことからしかできないので難しいのです。業界研究をして求人情報を眺めても自分自身の分析にはならないのです。

 

 

長年生きてきた中で、何を考えてどんな思考回路で行動してきたか? 友達は何を基準に選んだか? 何に熱中したか? 小さい頃から漠然とした家庭観などはどのようものか? などというレベルでも全くいいのです。 色々な角度から自分という人間を見つめ直してみる事が重要です。

 

 

■どうして“自己分析”が必要なのか?


 

Learn To Love Yourself Concept


 

 

転職を成功させるために自己分析が不可欠。
そうは言ってもどうして不可欠なのだろうか?

 

 

転職活動の失敗から転職成功へ(http://job.big-finding.com/)より

 
なぜわざわざ「まずは自分自身を知ること」 などと記載しているのか疑問に思う人もいるかもしれません。 しかし、自分自身がどのような仕事がしたくて、 どのような職種を探しているのかさえ分からない人も多いのです。

 

 

自己分析が出来ていない状態で、 なおかつ目的の分からないまま行動していたのではいつまで経っても転職活動は失敗の繰り返しです。 根本的なもの。つまり、自分自身が確固たる「求める要素」がなければ転職活動はうまくいきません。

 

 

例え運良く就職できたとしても「こんなはずではなかった。」 という気持ちがわいてくる事にもなりかねません。 「転職に成功する」という事はこの会社で働けて本当に良かったと、 後でしみじみ思うような気持ちになる事です。 そしてその要素は人によって違っていて当たり前なのです。

 

 

お分かりいただけただろうか?
自己分析の目的は、自分自身を知ること。自分の人生における目的を知ること。
人生というと規模が大きいが、これは決して大げさなものではない。生きていく上で欠かせない仕事や日常。その時間をより楽しく目的に合ったものにするために、自己分析は欠かせない。
その目的を知った上で初めて、すべき転職活動が見えてくるのだ。

 

 

まずはどういうゴールに向かって歩んでいきたいのか?その方向性を確認するために、自己分析をスタートさせてみよう。

 

 

■正しい自己分析の方法とは?


 

Education abstract, Woman hands writing in notepad


 

 

ではどう自己分析をすすめていけばいいのか?
自己分析は偏見や先入観をまずは取り去ってしまわなければならない。偏りのある自己分析は会社という組織の中で働くにあたって、何の意味も生み出さないのだ。

 

 

AllAbout(http://allabout.co.jp/gm/gc/298138/
「転職を成功させる自己分析4つのステップ」より

 
きちんと自己分析ができているということは、自分を客観的に見ることができる、自分の失敗や評価に対して反省することができるということです。そして自己分析ができている人は場の空気を読み、臨機応変に態度を変えることができるので、良いチームワークを形成することができると考えます。

 

 

自分がどういう人間なのか客観的に判断できている。そしてそれを短い面接の時間内に伝えることができる。そうして初めて相互の想いが一致した採用に至ることができ、あなたの能力を存分に発揮する機会を得ることができるのだ。

 

 

では次に具体的な方法をお伝えしていきたい。

 

 

■#1 一年に一回。自分を見つめ直す自己分析


 

??????????????????????????????????????


 

 

日々の日常に追われ、馬車車のように働いていると、あっという間に一日、一週間、一年が過ぎていく。何も考えずに与えられた業務だけをこなしていると、自分の夢すらも思い出せなくなってしまう経験はないだろうか?

 

 

どんなに忙しい毎日を送っていようと、たまには一旦立ち止まって、今の自分で本当に満足できているのか?これから先を考えた際変えて行きたいことは何があるのか?それを5分でも10分でも考える時間を作ってみて欲しい。

 

 

人材バンクネット(http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/jg/002/
「転職を成功させるキャリアの棚卸し・自己分析とは」より

 
ビジネスパーソンに大切なのは、自己分析を恒常的に行うことです。つまり転職を考えてから自己分析を行うのではなく、 1~2年毎に「自分は何がしたいか、どうなりたいのか」 「それに基づいて、これまで何をやってきたか、何ができたか」「その結果、自分は現在どうなっていて、今後どうすべきか」というように定期的に自己分析をし、自分を見つめ直す機会を持つということです。
定期的に「自分は何がしたいのか、どうなりたいのか」と自己分析をしていくことで、自己実現の可能性は高まります。転職をするべきかどうかの見極めも明確になるはずです。

 

 

そもそも「転職したいなー」なんてぼんやり思い描いていたところで、棚からぼた餅のような話もなかなか起こらない。

 

 

自身の今のキャリアや仕事に満足している、していないに関わらず、定期的に、例えば一年に一回「自分の目標」や「何がしたいのか?」という事を身に書き出してみよう。そしてそれに対して今の仕事でどういう面が実現できているのか?どういうところを改善していく必要があるのか?将来の目標に近づくには何が足りないのかを合わせて書いてみる。そうすることで、本当に今転職が必要なのか?が見えてくる。

 

 

多くの面接を受けるであろう転職期間中も期間が長引き、ましてや落選が続いたときは、どうして自分はこんな事をしているのだろう?自分のことを必要としてくれる会社なんてどこにも存在しないのではないだろうか?そもそも何がしたくて転職を考え始めてしまったのだろう?なんていう負のスパイラルに陥りやすい。

 

 

そんなときでも長年書き溜めておいた自己分析表を見直せば、当初の目的をしっかり再確認することも容易だ。

 

 

■#2 仕事に限らず多方面から具体的な自己分析をせよ


 

Two little girls at fishing


 

 

転職が頭にチラついた状態で自己分析をはじめようとすると、ついつい仕事上の経験ばかりに考えがいってしまいがちだが、自己分析は仕事に限った話じゃなくていい。

 

 

転職活動の失敗から転職成功へ(http://job.big-finding.com/)より

 
自己分析という事は就職の為だけに限定されるべき言葉ではありません。自己分析とは、例えば趣味などの事から考えてもいいのです。 例えば、釣りが好きな人は「何時から」「何がきっかけで」「なぜ釣りをすることを好むのか?」 という点を考えるのです。 誰もが釣りにいく事を日常の趣味にしているわけではないのです。

 

 

肝心なのはなぜ、誰にも強制されていないのにその行動をとるのか?あるいは、そういった行動をとるようになったのか? そして自分の性格やこれから望む環境はそういった部分をどれくらいの重要性を置いているのかなどから考えるのです。
普段好んで食べているものから、趣味、趣向、行動パターンなど、 全てに客観的に分析して初めて自分と他人の差異がおぼろげに見えてくるものなのです。

 

 

自己分析は具体的なものでないと意味がない。
「私は粘り強くがんばれます」
なんて言ったところで、何を、どう、どんな風に頑張れるのか?面接官にはさっぱり伝わらない。仕事での経験がベターではあるが、どうしてもなければ趣味のものでも構わない。具体的に落とし込んだ説明が大切なのだ。

 

 

AllAbout(http://allabout.co.jp/gm/gc/298138/
「転職を成功させる自己分析4つのステップ 自己分析NG事例」より

 
自己分析は、結論だけではなく具体例やプロセスが大切です。例えば「自分の売りは粘り強さです」といったものが結論だけの自己分析です。粘り強いのはわかるが、どう粘り強いのかが人事としては知りたいです。

 

 

「粘り強さ」を具体例やプロセスを交えたものにすると、次のような内容になります。

 

 

「一度や二度断られるとあきらめる場合でも、私はお客様のビジネスに関係のあるニュースや好材料があれば、必ずそれをネタに電話やメール、手紙を書き、10回以上アプローチすることも多い。結果として、あなたの熱意には驚いたと感心され、成約したことが年間5回以上あった」など自分の「売り」をありありと具体的に書くかが重要です。

 

 

 

■#3 第三者に相談。客観的な意見を仰げ




 

笑顔の二人の女性 ビジネス


 

 

あたなの事を古くから知っている友人や家族。彼らにあなたの長所や短所を聞いてみよう。家族や友人は仕事面以外のあなたのこともよく知っている。自分が知らない一面を再確認できるかもしれない。

 

 

そしてもちろん、転職エージェントに相談するのも一つ。今までいろんなタイプの人間を見てきているプロはあなたの職歴や面談から的確なアドバイスをしてくれる。

 

 

AllAbout(http://allabout.co.jp/gm/gc/298138/
「転職を成功させる自己分析4つのステップ 第三者と議論する」より

 
自己分析は、信頼できる第三者、友人などにチェックしてもらうとさらに正確にわかります。人材紹介会社のキャリアコンサルタントにもカウンセリングの際に見せると良いでしょう。自分の自己分析を第三者と議論をすることであなた自身にとって転職のみならず、人生全般において大変有意義なものになるはずです。

 

 

正確に自己分析を行うと、結果として面接に強くなり内定が取りやすくなります。また、面接だけではなく、自分のビジネスパーソンとしての成功や自己実現にもつながります。

 

 

普段から“自分自身”を把握できていなければ、当然面接で突っ込まれても答えようがない。
「あなたの強みはなんですか?」
「今までで粘り強く頑張ったという経験を教えてください。」
「その経験からどんな事を得ることができましたか?」

 

 

具体例を挙げ分かりやすく説明できるよう、何パターンが準備しておく必要がある。
そのためには自分を一旦第三者にさらけ出してみることも有効な手段だ。

 

 

■自分が分かればもう怖いものなんてない!


 

パンチ


 

 

世の中にあなたと全く同じ人間は存在しない。
ということは、あなたが自分自身の強みをしっかり理解し、それを説明し、その能力を発揮できるとき、あなたに代わって全く同じことができる人はいないのだ。

 

 

転職活動の失敗から転職成功へ(http://job.big-finding.com/)より
自分自身の経験は唯一無二の武器。

 

 

自己分析する方法や項目は転職情報誌に書いてありますが、 自分自身の事をじっくり考えて内容を探す作業は自分自身以外誰にもできません。

 

 

一人の人間が生きてきた人生の中に、自分自身が選んできたこと、自分自身が避けてきたこと、 問題に直面したこと、たくさん経験してきたはずです。

 

 

自己分析とはそういった経験を一つ一つ洗いなおす作業をする事なのです。 そして転職の際に使える「自分自身に関しての情報」 を人に伝えられる表現が出来るように整理する事です。

 

 

自分自身を知ることは、これから先自分の夢に向かって歩く道を明確にしてくれる。
転職の有無に限らず、今一度自分を見つめ直す時間を作ってみよう。

 

 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page