三浦知良に倣う!生涯現役で活躍するための40代からの転職の詳細

三浦知良に倣う!生涯現役で活躍するための40代からの転職

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket






若い頃には何とかなったことでも、
年齢を重ねるにつれて難しくなるケースは多い。
転職に関しても、これは当てはまる。












サッカー界では三浦知良が生涯現役宣言しており、
40代後半になっても尚、試合で大活躍する姿を披露している。
だが、実際には彼のように40代になってから、
さらなる活躍を目指せるというのは、
どの業界においても簡単なことではないのだ。














では、40代から新たな活躍の場を求めて、
転職を成功させることは可能なのだろうか?
40代からの転職の難しさと、
コツについて紹介していこう。

















 

#転職の限界は35歳!?









転職を考える時、求人情報をチェックしてみると、
その大半に応募できる年齢の上限が設けられている。
できれば企業は若手が欲しいと考えており、
若手を育てて、その企業でのプロを目指してほしいのだ。











年齢を重ねるほどに人は「自己流」が身についてしまうし、
物覚えも、体の動きも悪くなる傾向がある。
そのため、できるだけ若手で、柔軟に対応できる人材を確保したい、
というのが本音である。













そこで設けられる年齢制限の多くは、
35歳を限度としている。
だが、だからといって諦める必要はない。
中には、35歳以上の年齢層を積極採用しているという企業もある。









@type【http://type.jp/s/manual/index01_kiji29_1.html

年齢にまつわるこの手の「先入観」や「常識」にとらわれるのは禁物です。
求人サイトや転職雑誌などで広く公募を行う場合、
多くの企業は20代から30代前半の人材を
採用ターゲットにしている傾向があります。
一方で、
35歳以上の方を積極的に採用する企業も少なくないというのが、
人材コンサルタントとしての実感です。
「35歳までに何とかしなければ」という焦りや不安からの転職は、
自分のキャリア価値を下げてしまう恐れがあります。
35 歳以上でもキャリア転職は十分可能です。
まずは自分のキャリアを振り返り、
経験をもとに今後何を目指していくのか、
現実に即したプランを描いてみることが重要です。












 

#40代以上の転職で求められること






実際には「限界」と考えられがちな35歳を過ぎても、
転職を成功させることは不可能ではない。
だが、40代以上の転職になると、
若手社員を採用する時とは求められる物が違う、
ということを理解しておかなければならない。








40代転職、中高年転職クチコミランキング!【http://kuchiran.jp/ct_career/index5.html

40歳を超えている方の場合、
部下を指導した経験を持っていて当然ですから、
マネジメント能力に期待を寄せられるのは事実です。
但し、これはマネジメント能力さえあれば良いと言うわけではありません。
むしろ最も重要なのは現場を理解する力があること。
その上で初めてマネジメント能力が活きてくるのです。
つまり、40代の転職で求められる能力は、
プレイングマネージャーとしての現場力とマネジメント力と言えるでしょう。









つまり、若手社員をしっかりサポートできる能力と、
経験を活かして現場で活躍できる能力。
この両方が備わっている人材こそ、
40代以上に求められているのだ。











では経験のある分野への転職でないと難しいのか、
と言えば、これもそうとは限らない。









@type【http://type.jp/s/manual/index01_kiji29_1.html

実際、過去の転職支援経験に基づいた印象でいえば、
ほぼ5割以上の方が異業種への転職を成功させています。
希望する方は多いものの、
同時に未経験業界への転職に不安を感じる方も数多くいます。
しかし、今までに積んでこられた職種経験が活かせる場は、
思いのほか多く存在するものなのです。
もし業種にこだわりがなければ、
視野を広げて自分自身の可能性を探してみることをお勧めします。











全く未経験の分野の仕事でも、これまでの経験が、
無駄になってしまうというわけではない。
意外な活躍ができる職場があるかもしれない。
自分がこれまで培ってきたノウハウを活かせるのは、
どういった業種かをよく考慮し、
それをアピールできる企業に応募すれば、
40代からの転職成功率は一気に向上するだろう。














 

#40代からの転職で収入はどうなる?








転職をする際に、やはり気になるのは、
収入が増えるか減るかという点だろう。
年功序列のイメージがまだ根強く残る日本では、
40代からの転職は損をすると考える人も少なくない。









確かに未経験の業種への転職であれば、
年収ダウンは免れない。
だが、40代からでもしっかり実績を積んでいけば、
年収をアップさせていくことも十分に可能だ。
このリスクを恐れていては、
40代から新たな人生を歩む決意など、
できなくなってしまうだろう。










40代転職、中高年転職クチコミランキング!【http://kuchiran.jp/ct_career/index5.html

これは当然ですが、ケースバイケースです。
転職先がこれまでの経験やスキルを高く評価してくれた場合、
年収がUPするケースも多数あります。
年収が下がる最も多いケースは、40代での未経験職種への転職です。
40代になると高い年収を受け取っているケースが多いため、
大幅に年収がダウンする事例もあります。
また、40代は新入社員のようにじっくりと育てて
戦力になってもらう時期ではないため、
例え未経験職種とはいえ結果を出すために
待ってもらえる時間は長くありません。
新しいフィールドにチャレンジする場合、
収入面でのリスクが伴う点についてはしっかりと認識し、
転職の計画を立てましょう。











 

#まとめ








40代からの思い切った転職というのは、
リスクもあり、決して甘い道ではないことが分かる。
だが、実態を見てみると、
実はそこまで難しいものでもない、
ということも分かるのだ。









これまで歩んできた40年以上の人生の中で、
学んだきたことに自信があるのであれば、
また同時に、どうしてもチャレンジしたい分野の仕事がある、
という熱い思いがあるのであれば、
40代からの転職に踏み切る価値は、十分にあると言えるだろう。






 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page