イモトアヤコ並みにオールマイティに活躍を!少ない人数で仕事をこなすコツの詳細

イモトアヤコ並みにオールマイティに活躍を!少ない人数で仕事をこなすコツ

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket




「世界の果てまでイッテQ!」というテレビ番組で、顔とも言える存在のイモトアヤコ。
彼女は何でも器用にこなす才能に溢れた女性で、
番組のメンバー全員で作り上げる作品の際にも、人並み以上の働きをしている。








社内全員が、そんなイモトアヤコ並みに、
オールマイティな活躍ができる人材だったとしたら、
社員の数は2/3に減らすことができるだろう。
だが、実際にはそうはいかない。











寒さが厳しくなり、体調を崩し、欠員が出る機会も多くなるこの季節。
そんな欠員が出てしまった場合に、イモトアヤコほどの才能が無くても、
少ない人数でうまく仕事を切り抜けるにはどうすれば良いのか?








そんな気になるコツを紹介しよう。











 

#その1:「残業しない」を目標に!








欠員が出れば残業をしなければならない、
という考えが当たり前のようにあるが、これは捨てるべきだ。
効率良く時間を使うことにより、
残業せずに欠員をカバーすることは、充分に可能なのだ。








U-NOTE【http://u-note.me/note/47503759?c=ra4

時間が決められているから、
その中で仕事を効率良く済ませるしかない。
時間が経ったら、次の仕事をしなければいけない。
「何時間かかってもやる!」という意識を排除するには、
このような考え方が必須なのだ。










残業をしないことを目標にすれば、欠員のカバーにもヤル気が出て、
モチベーションアップし、仕事の効率も良くなるだろう。
ダラダラと時間をかけて働く方法は、
自分のためにも、そして会社のためにもならないのだ。











 

#その2:タスクに分けて仕事をする







仕事にかける時間は、短いペースで区切る。
これが重要なポイントだ。
自分の仕事プラス、欠員の分の仕事を同時にこなすわけだから、
限られた時間をどう有効に活用するか、ということで結果が変わってくる。










そこで、時間を短く区切り、「この仕事は何時までに終わらせる」という目標を作る。
こうしてスケジュールを徹底的に練れば、
残業なしで、少ない人数で仕事を効率的に終わらせることができる。







lifehacker【http://www.lifehacker.jp/2010/04/100402simplify.html

時間を区切る 仕事をする時間が長いほど、
より多くの仕事ができて生産性もあがるはず、
と思っている人にとっては意外に思えるかもしれませんが、
時間は短く区切った方が、
効果的に仕事をすることができます。
例えば、1日7時間働くとしたら、
1時間毎に7つに区切り、同じように仕事も7つのタスクに分けて、
重要な仕事から先に片付けてしまいましょう。
制限時間があると集中力も上がり、生産性も上がります。









特に午前中は集中力が発揮しやすいので、
午前中に重要度の高い仕事を持ってくる、というのも1つのポイントだ。









 

#その3:しっかり整理する








整理するということには、2つの意味がある。





まず1つ目には、その日に行うべき仕事を、整理してから取り掛かるということだ。
闇雲に目の前にある仕事に取り組むのではなく、事前にどのような順番で、
どの程度の時間をかけ、仕事をこなしていくかを計画しておく。









そして、その整理された計画通りに進めていけば、
効率良く仕事を終わらせることができるというわけだ。





lifehacker【http://www.lifehacker.jp/2010/04/100402simplify.html

まず、やらなければならないこと、
やりたいことをすべて洗い出して、To-doリストを作りましょう。
それから、本当にしなければならないこと、
すぐにやらなければならないことを、
1〜3つ厳選して、短いTo-doリストを作ります。
その短いTo-doリストの仕事を、1日ですべてクリアできれば、
それだけでもかなり充実すると思いますよ。









それからもう1つは、デスクを整理すること。
乱雑なデスクでは、仕事も片付かない。







lifehacker【http://www.lifehacker.jp/2010/04/100402simplify.html

まず机の上の物を一切無くします。
そして、本当に机の上に必要な物だけを戻します。
それ以外の物は「ファイリングする」、
「誰か必要な人にあげる」、「引き出しやキャビネットに入れる」、
「リサイクルする」、「捨てる」のいずれかに当てはめて、
どんどん処理していきましょう。
判断も迷わず、瞬時に。終わったら、すぐ仕事に戻りましょう。







 

#まとめ







少ない人数でも効率よく仕事をこなし、残業をゼロにする方法というのは、意外とシンプルだ。
イモトアヤコ並みの才能など無くても、誰もがすぐにできてしまう方法なのだ。








1人1人がこういった工夫を取り入れれば、
欠員が出ても、その分の仕事を数人に割り振ることで、
簡単に残業ゼロでカバーすることができるだろう。









少ない人数になっても、残業なしでストレスフリーに働けるよう、
こういった工夫を凝らしながら、効率の良い働き方をしてみよう!










 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page