小泉孝太郎並みのスマートなビジネストークを展開する3つのコツの詳細

小泉孝太郎並みのスマートなビジネストークを展開する3つのコツ

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket




ビジネスにおいてトークは非常に重要な役割を持つ。
様々なドラマで「デキる男」を演じる小泉孝太郎。
彼のビジネストークはドラマの中の演技とはいえ、
「なるほど!」と思わせるところが多いものだ。








実際の会社でも、このビジネストークが上手かどうか、
ということが出世の分かれ道となることが多い。
そこで、小泉孝太郎並みのスマートなビジネストークを
展開するための3つのコツを紹介しよう。










 

#その1:5W1Hでメリハリのあるトークを!







一体何を伝えたいのか分からないダラダラした話は、
時間の無駄になるだけで、相手の心を掴めない。
そこで重要になるのが、5W1Hを押さえてメリハリのあるトークを、
完結に展開していくことだ。






コミュリポ【http://communication-report.com/four-arts-of-the-business-talking/

いつ、どこで、何を、誰と、なぜ、どのように。
この5つがあると、誤解を与えることが少ないです。
「勝手にこう思っていました」がなくなります。
ポイントはこの5つを一気に全部話そうとしないことです。
1つの文章がとんでもなく長くなります。
文章は短く、必ず「。」で区切るようにしましょう。









このように5W1Hを考えた話し方は、
慣れれば意外とすぐに身につくものだ。
まずは日常会話でも5W1Hを意識しながら相手に伝える、
ということを練習していくと良い。
会話ですぐに頭が回転しないという場合には、
5W1Hで伝えたいことを紙に書いてまとめる練習からしてみよう。






 

#その2:相手の好きを盛り込む








自分ばかりが楽しいトークというのは、
話している方は気持ちが良くても、
相手にとっては退屈なだけになる場合が多い。
そこで、そのような事態になるのを防ぐために、
トークの中に相手の「好き」を盛り込んでいこう。







5セカンズ【http://the5seconds.com/sales-talk-8074.html

営業トークの基本は、「相手本位の話題を選ぶ」ということです。

いわば相手の土俵に乗ることで、相手を気持ちよくさせ、
結果としてこちらに有利な取引へもっていくというテクニック。
そのために、相手にじゅうぶん話してもらえるような話題を選ぶのです。












このテクニックは営業トークにおいて特に有効だが、
上司に気に入られたい、といったシーンでも、活用することが可能だ。
また、相手の「好き」を会話に盛り込むためには、
やはり日ごろからしっかりと情報を集めておくことも重要だ。










また、こちらが一方的に話すという姿勢ではなく、
相手の話に耳を傾けるという姿勢を取ることも大切だ。
言葉のキャッチボールをすることで、自分本位のビジネストークではなく、
顧客が本当に欲するものを知り、それをビジネスに活かしていこう。
もちろん上司が本当に部下に求めているものを知る、
という意味でも、この技術は役立つだろう。








5セカンズ【http://the5seconds.com/sales-talk-8074.html

そのためには、日ごろの「情報収集」が不可欠。
顧客についてどれだけの情報をもっているかが、
「できる営業マン」とそうでない人を分けてしまうと言っていいでしょう。










 

#その3:話し方を工夫する







ビジネストーク、営業トークというと、
何かものすごいテクニックが必要なもの、と考えてしまう人も多い。
だが、実際には会話の内容は大したことなくても、
意外と話し方だけで好感を持ってもらえることも多い。







コミュリポ【http://communication-report.com/four-arts-of-the-business-talking/

コミュニケーションを構成するのは、
言葉そのものが7%、声の質(大きさやトーン)38%、
表情やしぐさが55%というメラビアンの法則があります。
私たちが一番意識している「どんな話をどんな言葉でするか」
よりももっと大事なことがあるということです。













例えばものすごく良い話を、うつむき加減で小さな声で、
ぼそぼそと話す場合と、大したことない話でも、
笑顔で明るく、大きな声ではきはきと話す場合には、
どちらが好印象だろうか?
多くの人が後者に好印象を抱くだろう。












特に大げさに振舞う必要はないが、
できるだけ笑顔で、明るい雰囲気を作りながらトークを展開する、
ということを忘れずに心がけていこう。








コミュリポ【http://communication-report.com/four-arts-of-the-business-talking/

ビジネスシーンでは、
一般には大きな声で明るく話すのが望ましいです。
個人差があるので一概には「このくらい」とは言えません。
普段の会話と比べて少し大きな声、
少し明るい声を出すようにするだけでも活気が出ます。
それはそのままあなたの仕事に対する一生懸命な姿勢として相手に伝わります。








 

#まとめ






ビジネストークの展開の仕方などは、
難しく考えてしまうとますます自信が持てなくなり、
うまくいかなくなるかもしれない。







もしどうしても、うまく会話を組み立てる自信がない、
という場合には、思い切ってなんでもないトークを、
明るく楽しく話してみるのも1つの方法だろう。







相手の好みに応じた会話を、笑顔で楽しむことで、
意外と仕事が良い方向に向かう可能性もあるのだ。








 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page