面接で内定を勝ち取りたいなら鈴木亮平並みの役作りを!の詳細

面接で内定を勝ち取りたいなら鈴木亮平並みの役作りを!

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket





ドラマで病人の役をするためにガリガリに痩せたと思ったら、
映画の役作りのためにあっという間に激太りした、鈴木亮平。
彼は役作りの天才であり、俳優の鏡とも言うべき逸材だ。













そんな彼ほどの役作りは素人には難しいが、
転職時の面接の際には、彼に倣い、
役作りをして「採用したくなる人材」を演じるのも1つの方法だ。










バカ正直な態度で面接に受かれば、それに越したことはない。
だが実際には、面接はそんなに甘いものではなく、
ある程度「好感の持てる人物」を演じることも重要なのだ。












そこで、そんな面接時の役作りのポイントを紹介しよう。














 

#役作りの必要性










企業が求める人材は、その道に精通している人、
何らかの特別な資格を持っている人、という条件もある。
だが、そういった仕事に直結する条件と同じくらい、
あるいはそれ以上に重視されるのが、人柄なのだ。






内定を勝ち取る面接術【http://ejobnet.info/archives/46

求人票などをみていると、
求める人材の内容を書いている企業があります。
明るい人というのはよくある例です。
その場合、あなたは、
明るい人であることが大事なポイントになります。
明るく振舞うのはもちろんですが、大事なのは第一印象です。









明るい人を雇えば社内も明るくなるし、
社外の人とのやり取りも円滑に進む可能性が高くなる。
特殊な技術や資格などは、内定後でも身に着けることができる。
だからこそ人柄というのは、面接時、
技術や資格、経験以上に重視される可能性の高い部分なのだ。









そしてその人柄というのは、持って生まれたものであるため、
本当の自分が「明るい素敵な人物」でない場合には、
演じる必要性が出てくるというわけだ。










 

#人柄を良く見せる役作り







人柄というのは、面接のように数分間だけ、
簡単な質問に答えただけで全てが分かるものではない。
そこで、この時の役作りに思い切り注力してみよう。







内定を勝ち取る面接術【http://ejobnet.info/archives/46

一番は、自然な笑顔でしょう。
口角を少し上げ気味にして、自然な笑顔で面接に臨むことが大切です。

声のトーンも重要です。
いつもより、少し高めの明るい声で面接にのぞみます。








面接前には、鏡の前に立ち、イメージトレーニングをしながら役作りをしてみよう。
笑顔や声のトーンであれば、誰もが努力次第で、面接時に演じることが可能だろう。









 

#服装に着目!







役作りには声や表情も重要だが、もう1つ、大切なポイントがある。
それが服装だ。












服装はその人そのものを表現すると言っても、過言ではない。
男性の面接の場合、ダークなカラーのスーツで臨む、というのが大半だろう。
ダークカラーは表情を暗く見せる恐れがあるので、
ネクタイの色などで調整すると良い。






内定を勝ち取る面接術【http://ejobnet.info/archives/46

男性はスーツという形が出来上がっていますから、
イメージを変えるのはネクタイの色になります。
何本か用意しておいて、
求める人材のイメージに合わせて、
ネクタイを変えるくらいのことはしたほうがいいと思います。









派手すぎず、地味過ぎず、相手に好感を持ってもらえる。
そんな色合いや柄のネクタイをセレクトして、
面接時に自分のキャラをアピールしてみよう。












 

#丸暗記はダメ!





役作り、演技と言うと、「セリフを丸暗記すれば良いのか」と勘違いする人がいる。
だが、丸暗記で気持ちの入っていない回答は、
演技であることが面接官にバレバレなのだ。









役作りをしつつも、しっかり自分の言葉で、自分の想いを伝える。
これを大切にしなければならない。








dot.【http://dot.asahi.com/wa/2014022100086.html

自分でよく考えている学生は面接でも強い。
さまざまな角度から質問しても、
自分なりの答えを返すことができる。
話し方の得手、不得手は関係ない。
落ち着いて、自分の言葉で、はっきりと意思を伝えることが大切です。










dot.【http://dot.asahi.com/wa/2014022100086.html

最近はキャリアセンターなどが模擬面接をしているようですが、
「練習してきました」という学生は5分もすればわかる。
話が上手じゃなくてもいいから、
ありのままの自分を飾らずに話してほしい。
本人の素が見えてきたら、うちの会社に合うか判断します。










これに関しても、何度もイメトレをすることで、
自信が持てるようになり、本番でも冷静に、
受け答えができるようになるだろう。











 

#まとめ








面接で好印象を持ってもらうための役作りとして、
最も有効なのは鏡の前で表情を確認しながらの、イメトレ。











笑顔はどの業界でも共通の、
最大の武器になると考えて、面接に向け、
好印象な笑顔作りを研究しておこう。










Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page