速水もこみちのようなカッコイイ英語講師になるには!?の詳細

速水もこみちのようなカッコイイ英語講師になるには!?

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket





グローバル化が進み、就職活動や転職活動にも、
ますます「語学力」というものが求められるようになっている。
そんな中で、特に身につけておいて損のない語学と言えば、やはり英語だろう。










英語を真剣に学んでみるのも良いが、月9ドラマ、
「私に恋するお坊さん」で登場する速水もこみちのように、
英語を教えることを仕事にするのも1つの方法だ。
今後、需要が増える分野であると考えられる仕事だけに、
安定した働き方ができる可能性が高い。










では、速水もこみちのようなカッコイイ英語講師を目指すためには、
どのような努力をしていけば良いのか?
英語に関する講師の仕事について、ピックアップしてみよう。











 

#英語の講師に向いている人とは?







まず、どのような人が英語の講師に向いているのかだが、
これは言うまでもなく、英語が好きである人だ。
それからもう1つ、忘れてはならないポイントがある。
それは、人間性が豊かであることだ。







英会話講師.com【http://www.eikaiwakoushi.com/teacher/point01.html

まとめとして、講師として採用される人材とは、

「前向きな姿勢で」「柔軟性があって」「向上心があること」という点とともに
「エンターテイナーである」「リーダーシップがとれる」「アドバイザーになれる」

という更に上のスキルも求められます。










英語の講師をするためには、もちろん人に教えられるだけの
語学力があるというのは大前提だが、生徒にそれを教えていく、
という視点に立って人材が採用されることを、
忘れてはならない。










英語の能力が優れているだけでなく、
生徒との関係をうまく築くことができ、指導力に優れた人。
また最低限のビジネスマナーをしっかり身につけ、
明るい雰囲気の中で授業ができる人。
そういった人材が求められる世界だ。










つまり「英語が得意だから講師になろう」という甘い考えだけでは、
叶わない可能性もある夢なのだ。









 

#英語の講師の給料は?







自分が英語の講師に向いていると考えるのであれば、
具体的に目指すにあたって、気になる点として挙げられるのが、
給料の相場だろう。
これはドラマでも出てくる通り、働き方によって違う。
実は、教えるという職種では、正社員での雇用は少ないのが現実だ。








英会話講師.com【http://www.eikaiwakoushi.com/teacher/point07.html

英会話スクールの需要は、ほぼ平日夜と週末に集中しています。
そのため、特に日本人講師の場合、
純粋に「教える」という仕事だけで「正社員」として雇われるポジションは少ないのが現状です。

「英会話講師」として純粋に教える仕事のみをしたいのであれば、
 選択肢のほとんどは


 
 
契約社員
非常勤講師
パートタイム講師
 
 
となるでしょう。 












もし運よく正社員になれたとして、給料の相場は20万円前後。
また、スキルなどにより昇給する場合もあり、
中には30万円を超える給料を受け取る講師もいる。







非常勤講師の場合であれば時給の計算となる。








英会話講師.com【http://www.eikaiwakoushi.com/teacher/point07.html


時給の相場は一般英会話の場合1500円〜3500円程度。
 大手英会話スクールの非常勤講師もこれくらいの金額です。 

企業研修講師やTOEIC、
その他特別なメソッドを使用したレッスンになると
4000円〜6000円程度となるようです。
ただし、これくらいの時給を得るようなレッスンになると
長年の指導経験、高度な指導スキルと英語力、
丹念な準備が必要になることは言うまでもありません。










安定した良い仕事に見えて、実は厳しい一面もあるのだ。










 

#それでも英語の講師を目指すなら?








それでも英語の講師を夢見ている、絶対になりたいというのであれば、
まずは英語をしっかり勉強して、教えられるレベルに達することだ。
大学でも外国語関係を専攻していると強いだろう。
また、面接などでもはっきりと実力を示せるよう、
英語に関する資格もできるだけ取得しておくと有利になる。











それから同時に、教えるということについても考えよう。
自分で理解している英語を人に教えるというのは、
意外と難しいものだ。
まずは身近なところで英語を教える経験を積むことで、
本格的な講師を目指す前の土台を築いてみよう。







英会話講師.com【http://www.eikaiwakoushi.com/teacher/point10.html

初心者の立場にたって「わかりやすく」「楽しく」教えるにはどうすれば良いか?
そんな視点で考えてみれば、
メソッドを習っていなくても英語を教え始めることができるはずです。

周りに「英語を習いたい」といっている方はいませんか?

「自分は教えた経験がないのにお金を取るのは申し訳ない」

と考えるのであれば、
まずはボランティアとして英語を教えてみてはいかがでしょうか。 









家庭教師のような感覚で英語を教え、経験を積めば、
面接の際にもこの経験が活かされ、
採用の可能性が大きくアップするかもしれません。









 

#まとめ







英語の講師になるのは、実は簡単な話ではなさそうだ。
英語ができるからと言って教えられるとは限らない。
英語力と指導力、その両方に磨きをかけて自信を持てれば、
速水もこみちのようなカッコイイ先生になることも、可能かもしれない。









Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page