松田翔太のダブルスタンバイ!貴重な社員になる方法の詳細

松田翔太のダブルスタンバイ!貴重な社員になる方法

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket




話題のテレビCMで、松田翔太は桃太郎の役をしている。
彼は犬が2匹おり、ダブルスタンバイで対応している、と話している。
これはつまり、1匹が他に出向いていても、
別の1匹が代理できるということだ。








これは会社内においてもよくある話で、例えば誰か1人が病欠で抜けたとしても、
その穴を埋めることができるだけの人材は、十分に揃っているのが普通だ。










だが、自分がダブルスタンバイのうちの1人、
なんて考えると、なんだか空しくなりはしないだろうか?
「君にしかできないんだ!」と言われるような仕事を、
できるようになりたいというのが本音だろう。










そこで、代わりはいないと思われるほど、
会社にとって貴重な社員になるためのコツを紹介しよう。










 

#まずは差別化を図る!







周囲と全く同じ人間なら、会社側から言わせれば、
「君の代わりはいくらでもいるよ」という人材になる。
これではダメなのだ。




こう思われがちなのは、「会社人間」と呼ばれるタイプだ。
真面目にコツコツと自分に与えられた仕事だけをこなす、特に害のないタイプ。
昔は好まれたかもしれないが、今の厳しいご時世、
これでは生き残れない可能性もある。










リクナビNEXT【http://next.rikunabi.com/01/35sai_surukoto/35sai_surukoto.html

 

これまでは「会社人間」であれば、最後まで会社が面倒をみてくれました。
しかし今は、「他人と差別化できる何か」を持っていなくては、
会社から放り出されてしまう厳しい時代になりました。
今後もますますこの傾向は進んでいくでしょう。
会社員であっても「自分にしかできないもの」を持ち、
「自分だけで生きていける人」にならないと危険だということ。
まずは、このことを自覚しましょう。












つまり、周囲の人間との違いを見出し、磨きをかけていくことが重要なのだ。
例えば誰にもできない技術を持っている、あるいは営業力に優れている、
他の人には無い資格を持っている、といったことだ。
自分の秀でた部分を見つけ出し、磨きをかけてみよう。












 

#好きなことをアピールしよう!







自分の趣味や得意分野などは、仕事とは一見無関係でも、役立つことがあるものだ。
そこで、そういったことは常日頃から社内で会話に出し、アピールしておこう。
こうしてキャラクター作りをしておけば、
「この分野なら、こいつに任せるのが適任なのではないか」
という話が出てくる可能性が高い。










リクナビNEXT【http://next.rikunabi.com/01/35sai_surukoto/35sai_surukoto.html

では、どういうものを「第2の強み」に選べばいいか。
できれば強みは「得意であること+好きなこと+ニーズがあること」、
この3つの要素がそろうといい。
ですから、まずは「好きなこと+ニーズがあること」
という2つの要素を満たしているかどうかを基準に選ぶといいでしょう。
何年か続けることによって、
自然と「得意なこと」という条件は満たしていけますからね。









こうして好きなこと、得意なことの理解を、周囲に浸透させていくことで、
「この分野では無くてはならない存在」というキャラクターを勝ち取ることが可能になる。










 

#人脈も重要!






仕事というのは、人との関係があってはじめて、成り立つものだ。
いくら手先が器用で作業が得意でも、取引先ともめ事を起こすような人材では、
「厄介者」のレッテルを貼られるだけだ。









「こいつなら話をうまくまとめてくれるだろう」
と上司から思われるような人間こそが、
代わりのいない貴重な人材になり得る。
そのためには、特に普段から人脈を広げていくことが重要だ。








リクナビNEXT【http://next.rikunabi.com/01/35sai_surukoto/35sai_surukoto.html

20代は、
とにかく浅く広くいろんな人と交流すればいいと思います。
大事なのは30代。自分を成長させてくれるような、
「志の高い人」「周りから尊敬されている人」
「礼節をわきまえている人」と意識して接していくといいでしょう。







外の世界で人脈を広げて、対人関係の基礎を築いておこう。
そして、そんな人脈を広げる際の1つのコツが、
キャッチフレーズを設けることだ。
これは社外でも、自分の強みをアピールするのに役立つ。









リクナビNEXT【http://next.rikunabi.com/01/35sai_surukoto/35sai_surukoto.html

 「キャッチフレーズ」があれば、
交流会やパーティにでても覚えてもらえるし、
いろんな人から誘われやすくなる。
人脈がどんどん広がっていくというわけです。
そしてもうひとつ、「キャッチフレーズ」があると、
アライアンスにも非常に有効です。
最初から人を巻き込んでアライアンスをするのは、
大変なことだと思いますので、まずは「巻き込まれる人材」
になることを目指しましょう。
その際に「キャッチフレーズ」があれば、誘われやすいんです。
人脈だけでなく仕事の幅も広がっていくというわけなんです。











 

#まとめ






厳しい今の世の中では、代わりのいる社員なら、
会社の経営状態が厳しくなればあっという間に、切り捨てられるのが現実だ。
逆に、代わりがいないと思わせられるほどの能力があれば、転職の際にも有利に働く。










自分が人より秀でた部分を見つけ、そこを磨き、そしてアピールして、
厳しい世の中でも生き残れる勝ち組になろう!
ダブルスタンバイなんて言わせない、
と堂々と言えるほど、秀でた人材になることができれば、
きっと自分に自信が持てるようになろうだろう。











 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page