会計士への転職を目指す方へ!今後の需要ポイント2つをご紹介!の詳細

会計士への転職を目指す方へ!今後の需要ポイント2つをご紹介!

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket






昔から公認会計士は弁護士と並ぶ超難関資格と謳われてきました。
しかし、弁護士は今は司法試験の制度改革と法科大学院を設置したため、
需要よりも逆に供給のほうが多く、人があふれているといった様子です。








また、公認会計士及び、それを目指す会計士もITの時代の煽りを受け、
人を採らない時代になってきました。




ほんの数十年の間にこれだけの変革が起こることは珍しいのでしょうか。








実はITの技術が発達したことで今後消えていく仕事が増えると推測されています。
例えば、自動車の運転手や測量士、ナレーターなどです。
これらは全て機械化される仕事と思われていますが、需要は少なからずあります。








会計士も同様にまだまだIT技術に取って代わることは考えにくいですが、
需要を探るとまだまだ残っています。







今回はその会計士の需要を探ることを、
目的に2つのポイントに分けて会計士の働き方ご紹介したいと思います。







 

#中小企業を相手にすること









今までは大手企業にしても中小企業にしても法人は必ずと言っていいほど、
会計士を頼りに会社における手続きの簡素化を図ってきました。






ところが、ITが発達し浸透してきている大企業では既にエンジニアに
ソフトの開発を依頼して多くの従業員の会計や管理を会計士なしで
済ませるようになりつつあります。








しかし、中小企業や零細企業のような小さい会社ではまだ
書類を会計士だけに頼って長く付き合いを続けているケースが多いです。
したがって、これから公認会計士になる、あるいは目指そうとしている人は、
会計士としての知識も大事ですが営業的な要素も大切にしなければなりません。












 

#会計の知識が必要な学科で教える






会計士は簿記の資格と関連があります。


というのは、公認会計士になるには、
原則的に簿記1級という資格を取ってはじめて受験資格が与えられるからです。








そのため、会計士が簿記の知識を基本的な学問として
大学や商業専門高校などで教えるケースがあります。








会計士という税金や年金などに特化したものでなければ、
簿記のように会計の基礎を固めるという仕事も需要として残っているのです。





また、会計士と対立しているように見えるシステムエンジニアやプログラマにとっても
ソフトを作る上で簿記会計の知識が必要不可欠なため、
会計士がソフト開発に携わることもあります。








このように、中小企業はまだ会計士を頼りにすることが考えられ、
学問の基礎として会計士の知識はまだまだ需要があると考えてよいでしょう。







会計士はまだ安定していて、高給取りのイメージはありますが、
全員がそのようになれるとも限りません。





それでも、資格を取得し、職に就くことは、多方面に活躍できるメリットができます。
今の時代、何が起こるかわからないからこそ、こういった資格が必要な職業は

リスクヘッジの意味でも人気なのかもしれませんね。






 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page