篠田麻里子のように夢を叶える!イド活のススメの詳細

篠田麻里子のように夢を叶える!イド活のススメ

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket






元AKB48の篠田麻里子は、アイドルとして芸能界デビューした。
だが今ではモデルとして活躍している。
これは、芸能界で言う人事異動のようなものだろう。











このように夢を叶えられる人間というのは、現代日本において、
一握りであると言われている。
実際には納得のいかない職場で、それでも生きていくために、
必死に働く人が多いのだ。











だが、今はより良い職場環境を求めて転職する、
というケースも珍しくはない。
とはいっても転職は、体力も精神力も必要で、
なかなか踏み切れないことも多いだろう。
そこで、今注目されているのがイド活だ。










イド活、つまり異動するための活動を成功させることができれば、
篠田麻里子のように夢を叶えて、人生を楽しむことも、
できるかもしれない。








 

#イド活すべきなのはこんな人!









イド活をすべき人としては、まず、
現在の人間関係に苦しんでいる人、業績に不安を感じている人、
将来転職したいと考えている人などが挙げられる。









人間関係については理解できるが、
業績悪化しているなら転職では?と疑問を抱く人も、
少なくないだろう。
それには、以下のような理由がある。







exciteニュース【http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130718/Shueishapn_20130718_20435.html

「業績悪化が止まらないのは、
その会社の〈ビジネスモデル=儲ける仕組み〉
が古くなってしまった証拠です。
となると『転職』が頭をよぎるでしょうけど、
転職で給与が上がる可能性は五分五分なんですね。
いきなりそのリスクを取るよりは、まずは社内の、
今後業績が伸びそうな新しい部署へ異動することを勧めます」


【※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※】







これは判断が難しいところではあるが、やってみる価値はあるだろう。
それから、転職を考える人に関しては、
スキルアップのチャンスを作る、という意味がある。





【※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※】

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130718/Shueishapn_20130718_20435.html

「さらに、成長事業は基本的に同業他社でも一緒ですから、
そういう部署で働いておけば、
もし会社が本当にダメになったときでも、転職は有利になります」









 

#イド活の方法とは!?









就活や転職活動に関しては情報が溢れ返っているが、
イド活に関する情報は少ない。
具体的にどうすれば良いのか、分からないという人も多いだろう。








イド活をするためには、まず、目的に合った部署を探す、
というところから始まる。
業績や人間関係が良さそうな部署をリサーチし、
目標を設定しておこう。







それから、異動願いを出したり、
あるいは上司と話し合うなど、会社のルールにのっとり、
異動を願い出るわけだが、この時にもコツがある。







人気の部署は異動の希望者も多いため、
成功したいならやはり、それなりに他者との差をつけることだ。






exciteニュース【http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130718/Shueishapn_20130718_20435.html?_p=2

「『こいつは努力をしているから、希望どおり異動させてあげよう』
と思われるためには勉強も大事。
オススメは、事業計画策定やマーケティング、
財務といったマネジメント系の専門知識。
つまり、経営陣の視点を得るための知識です。
ポイントは、
会議の場などで勉強の成果をアピールできるジャンルを学ぶこと。
例えば財務なら、
過去の売り上げや利益の数値を分析する知識を学ぶとか。
逆に『社内で使うアテ』がない資格を得ても、評価には結びつきません」









それから、成功のためにはコネも重要だ。








exciteニュース【http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130718/Shueishapn_20130718_20435.html?_p=2

多くの場合、異動先の仕事は自分にとっても未経験のため、
「即戦力」アピールは難しい。
そうなると、希望する異動先の部長・役員クラス、
あるいは人事部のプッシュが重要になってくる。
「名前も知らない優秀な社員より、
顔なじみのデキる社員のほうが絶対に優先されるものです。
経営陣も人間ですからね」









 

#イド活をする際の注意点










イド活は転職活動よりも楽に感じられるかもしれないが、
これは実は、転職活動よりも難しい面が多い。
希望が通らず、予想もしていなかった部署に異動、
なんてことになるケースも多々あるのだ。









転職活動なら、もし希望条件と違えば内定辞退という手があるが、
社内での異動はそうはいかないだろう。
そういうリスクもはらんだ活動である、ということは、
忘れてはならない。









だが、会社を点々とするよりも、
部署を異動しながらでも1つの会社で勤め上げた方が、
今後の転職時の評価にも繋がると考えられる。
そのためにも、今の部署に納得できないのなら、
思い切ってイド活を始めてみると良いだろう。











 

#まとめ











気に入らなければ使い捨てのように転職する今の時代。
せっかく入社した会社を大切にするイド活は、
そんな使い捨ての概念を捨てる方法の1つだ。











いきなり転職を考える前に、まずはせっかく入社した会社の、
もっと他の面を勉強してみると良いだろう。
イド活をして異動に成功できれば、
今後の人生で役立つことが学べるかもしれない。







Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page