英語での転職の肝はなんと言っても英文レジュメのレベルの詳細

英語での転職の肝はなんと言っても英文レジュメのレベル

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket





英語での転職ともなれば、必ず出てくるのが外人面接官であったり
本社のボスであったりします。
こういう会社の場合は当然のように英文のレジュメを書くことが
必要になってくるのです。









しかし外資系の人事は日常的にたくさんのレジュメをみていますから
内容がはっきりしていて、
しかもきらりと光るものが入ったコンテンツでないと
書類で落とされてしまうこともしばしばあるのです。








ということから魅力的な英文レジュメを作成するとが
極めて重要になってくるのです。
レジュメの出来不出来が将来を決めてしまうことすらあるというわけです。






 

#英文レジュメのフォーマットにはいくつかの種類があります。










まず、履歴を新しい順に時系列で記載していくのが
クロノロジカルレジュメといわれるものになります。
これは採用するほうも流れを把握しやすいものとして好まれます。







また転職回数が多かったり、キャリアにブランクがある場合には
ファンクショナルレジュメのフォーマットで、
自分のスキルなどを具体的に記載し、職歴は会社名やポジション、
雇用期間だけにとどめてしまう書き方をします。








さらにコンビネーションレジュメデハクロノロジカルと
ファンクショナルをあわせて、希望の職種や職務要約を
先に書いてアピールしたい内容を前面に押し出し、
職歴をあとで詳しく書いていくという方法です。







案件によって自分の職歴がどれだけミートするかが
異なりますから、よく考えてどればマッチするかの戦略を
練るところからはじめなくてはなりません。






 

#請けるレジュメは簡潔でアピールポイントがはっきりしている










時間のない人が多い世の中ですから、
何がアピールポイントなのかはっきり書いてあり、
しかもその内容がアトラクティブなのが
もっとも効果的なレジュメとなります。







そのためには、募集内容にいかにミートしているかがわかるような
レジュメの書き方をしなくてはなりません。
決して飾ることはありませんがストレートに自分のケイパビリティを
しっかり打ち出すことが重要になってくるのです。








そのためには文書も簡潔で、かつポイントを捉えている必要があります。
まさに英文コピーライターとしての才能が必要になる瞬間です。






 

#プロのレジュメライターに依頼するのも手ですが自筆が一番









英語のレジュメは英語らしく直してくれる代書屋さんのような
ビジネスも存在し数万円出せば自分で書いたものを
ブラッシュアップしてくれるところもあります。







しかし自分のことは一番自分がわかっているわけですし、
こうした書類をベースに面接に臨まなくてはなりませんから、
書いてある事は自分の言葉になっていなければ意味はありません。








英語で転職するなら自分で勝負するのが一番お勧めとなります。
こうした文書も何回も書いているうちに
コツをつかめるようになるものです。








最初は難しくても自分で何度も書き直すことで
こつをつかむのがもっともお勧めの方法となります。
凝縮されたレジュメのエッセンスはそのまま面接でも
使っていくことができますから自信もついてきて一挙両得です。







やはり英語で勝負するならば、そこまでがんばってみるのが
基本となります。
自分で書いているうちに自分のカッティングエッジが
どこにあるのかもしっかり理解できるようになりますから
より強い面接を実現することができるのです。







このようにしっかりと自信を持てるレジュメを英文で
書けることがすべての成功につながっていくことになるのです。
とにかくあきらめることなく全力を出して作成してみてください。
きっと大きな成果を手にすることができるようになります。






英文レジュメはまさにあなた自身のセールスカタログに
なるものなのです。
どう売り込むかはまさにあなた次第というわけです。







Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page