成宮寛貴の苦労・・・現実の父子家庭のお仕事事情とは!?の詳細

成宮寛貴の苦労・・・現実の父子家庭のお仕事事情とは!?

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket





離婚や死別など、様々な事情により、
子供を抱えて片親で生活を支えなければならない、
ということは少なくない。








シングルマザーの話はよくあるが、
実は中には仕事に育児にと奮闘する父親のみの世帯、
シングルファーザーというものがあることも、
忘れてはならない。








ドラマ「37.5℃の涙」では、成宮寛貴が、
共同経営者として働きながらも小学生の娘を、
1人で育てている。
彼の奮闘する姿に心を打たれる人も、
多いのではないだろうか?








彼の場合は共同経営者ということもあり、
比較的自由度の高い職場でうまくやっていける、
というところがあるだろう。
だが、現実のシングルファーザーのお仕事事情は、
一体どのようになっているのか、気になるところだ。








 

#父子家庭の精神的負担の大きさ









母子家庭には手当てなどサポートも多く、
シングルとなっても比較的、育てていきやすい環境となっている。
また、女性の場合はパートなど、働き方も多彩で、
幼い子供を抱えながらでも仕事を続けやすい。







だが、男性の場合はそうはいかない。
正社員、総合職といった働き方が大半であり、
パートでは食べていけない、年齢が高くなれば、
再度正社員として働くことが難しくなる、
などの事情から、子供を育てながらもでフルタイムで働く、
という選択肢を取ってしまう。








すると家事や育児を行うことが難しくなり、
このような忙しさ、プレッシャーが大きな精神的負担となる。
そのため、父子家庭で父親が仕事を続けるためには、
精神的なケアを受けることが重要なのだ。








父子家庭の仕事環境【http://blogs.yahoo.co.jp/sharu24jp/11070161.html

前項の「母子家庭と仕事環境」と同様に、
父子家庭の仕事環境においても、
如何にして自らの精神的負担とストレスを和らげるかが必要なのです。








 

#父子家庭は協力が必要不可欠!









父子家庭の男性が仕事と育児を両立するためには、
周囲の人の理解と協力が必要不可欠だ。
子供が急病などで休みを取らなければならないこともあれば、
残業が難しくなることもある。








そのようなことがある度に、イヤな顔をされてしまう、
という会社ではシングルで頑張る父親が働くのは、
厳しいだろう。
周囲がシングルであることを理解し、サポートしてくれる。
そんな環境が整った職場で働くのが理想的だ。








父子家庭の仕事環境【http://blogs.yahoo.co.jp/sharu24jp/11070161.html

自分ひとりで解決するのではなく、
周囲の人たちの協力を得て解決することなど、
その就業環境を健全なものとすることが必要なのです。








現実にはこういう理想的な会社はそう多くはない。
だが、まずは周囲に相談してみること。
これを行わなければ始まらないのが、
父子家庭としての仕事と生活の両立なのだ。









 

#父子家庭による非常勤という働き方











子供との時間が大切、育児や家事も手を抜けない。
こんな気持ちで押しつぶされそうになるシングルの父親は、
実は少なくない。
さらに仕事もこなさなければならないとなると、
精神を病んでしまったり、身体を壊すこともある。







そうならないためにも、ここで1度、
働き方を見直してみるのも良い方法だ。
正社員としてフルタイムで働くのではなく、
非常勤として働いてみる、という選択肢もある。









父子家庭の仕事環境【http://blogs.yahoo.co.jp/sharu24jp/11070161.html

このためもあり、父子家庭の仕事環境では、
父子家庭になった時点において、
5パーセントが常勤雇用から非常勤雇用へ移行しているのです。







仕事と育児の両立というのは、
1人で行うのは甘いものではない。
日本には様々な働き方があるのだから、
この機会に、自分の状況に応じた働き方ができる職場に、
転職を考えてみるというのも1つの方法だろう。








 

#まとめ








父子家庭の場合、周囲に苦労を話すことができず、
苦しむ男性が多い。
また、仕事に関しても諦めなければならないことが増え、
プライドが傷ついたり焦りを感じたりしてしまうこともある。








現実には、ドラマの成宮寛貴のようにうまくいくケースは、
そう多くはない。
非常勤、派遣、フリーランス・・・
このような、家事や育児との両立が叶いそうな働き方に
チャレンジしながら、今後の人生を模索してみると良いだろう。







Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page