英語転職にはそれに応じた書類の準備が必要の詳細

英語転職にはそれに応じた書類の準備が必要

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket





グローバル化の進展で英語を使える人材は
重用されるようになっています。
邦人企業で英語を使う仕事もあれば本格的に外資に転職して
英語環境で仕事をするケースも考えられます。









この中で、本格的に外資へ転職するのであれば
英語のレジュメを作ることが必須となってきます。
しかしこの英文レジュメは日本語の職務記述書とは大きく異なるため、
それなりのテクニックが必要になります。







 

#独特のフォーマットに対応することが必須










英文のレジュメといってもそのフォーマットは非常に様々なものがあり
いかに魅力的に見せるかに趣向を凝らしたものが多くなっています。
まずはどのフォーマットを利用するかを決めるところから
スタートすることになります。









クロノロジカル・レジメは、
職歴を新しい順に時系列で記載していくもので、
採用側も職歴の変遷を把握しやすい形式となり
もっともポピュラーなものとなっています。









ファンクショナル・レジメは自分のスキルを具体的に記述し、
職歴は、会社名、ポジション、雇用期間だけを
記載するものとなります。
転職回数が多い場合や、キャリアにブランク場合や
キャリア・チェンジする場合に有効的です。








コンビネーション・レジメはこうしたふたつの特徴をあわせた形式で、
希望の職種と、職歴要約をまず最初に書いていくものとなります。
自分でアピールしたいスキルを最初に強調して、
その後で詳しい職歴を説明できるのが特徴で
このかたちも最近では人気となっています。







これだけみても国内用のレジュメとはかなり異なるものになります。
やはり書き方になれないと最初は結構まごつくことになります。







 

#書き方はネットでもかなり検索可能










実際のレジュメは人が書いたものを
いくつか見ていくとかなり参考になります。
ネット上で検索しても最近ではかなり
いろいろなものを見ることができますので、
まずはいくつかみて自分にぴったりなものがどれなのかを確認しましょう。








また文章の記載方法についてもチェックしていくことが必要です。
シンプルで簡潔な文章にするため、意味が曖昧なる場合以外は、
冠詞や人称代名詞を省くのがひとつのルールとなります。








また、主語になる自分Iなどの人称代名詞は省略し、
文章を動詞ではじめるのも独特の書き方となります。
ただ時制は完全な文章の時と同じように、過去形や現在形になります。








こうした特徴的な書き方もなれないと
最初は結構違和感のあるものとなりますが、
何回か書いていくうちに結構うまく書けるようになります。







 

#最悪レジュメ作成業に依頼するという手も









こうしたレジュメ作成にあたっては、魅力的な内容にするために
代行業も存在するほどになっています。
さすがに専門の書き手に依頼すると
かなりレベルの高いものに仕上げてくれますが、
自分の英語能力以上の仕上がりになることもありますので注意が必要です。









レジュメの出来栄え次第が書類審査に大きくかかわることになるので
専門業者に依頼する人も冗談ではないぐらい多くなっているのです。
それほどレジュメというは外資系企業では重要なものになるのです。







 

#慣れてくれば自分でも魅力的なレジュメ作成が可能に









最初は難しいと思われる英文レジュメも何回か書き直していくうちに
応募企業にあわせて細かくなおしてベストなものに
仕上げていけるようになります。








これはとにかく慣れることが重要ですから、
最初はプロのお世話になったとしてもその後は
自分で手を加えて行くことで結構さまになるものを
完成させられるようになるのです。
ぜひ自分の力でうまく完成できるようにしていただきたいものです。
慣れれば確実に上達するのが英文レジュメなのです。






 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page