効果的な転職先企業研究って何すればいいの?の詳細

効果的な転職先企業研究って何すればいいの?

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket






転職にあたって行うべきこととし企業研究というのがあります。
しかし具体的には何をすれば企業研究になるものなのでしょうか?
冷静に考えてみると実はよくわからないという人は
結構存在するのではないかと思います。








 

#まずは相手先のホームページの会社概要を精読しよう









まずチェックしたいのは相手の会社の会社概要です。
どんな業種で何を主力の商売にしているのか、
競合する企業はどこなのかなどを丹念に見ていくことが重要になります。







また売り上げや利益はどのように推移しているのか、
儲かっているのかそれほどでもないのかといった
基本的なことも知っておく必要があるといえます。







世の中儲かっている会社ばかりではありません。
仮に利益が低いあるいは赤字となると、
なにが起因してそうなっているのかについても
冷静に見ていく必要があります。








さらに競争相手の企業はどういう状況なのかを気にする必要もあります。
業界の主要企業全体をチェックしておくことは重要になってきます。
他社がみな伸びているのに応募企業だけ赤字になっているとなれば
やはりどこかに問題がある可能性はあります。








そして募集案件の職種がそうした応募先企業の中で
どうした位置づけになっているものなのかについてもチェックが必要になります。
新規事業なのか、赤字真っ只中の事業なのか、成長分野なのか
といったことも気にしていく必要があります。








実はここまで見てくるとかなりいろいろな疑問がわいてくるはずです。
ネットで調べればその疑問の答えもある程度見つかりますが、
それでもわからない部分で質問として適格であると考えられる場合には、
面接の質問時に直接聞いてみるといったことに利用することもできるのです。






 

#業界全体の状況についても確認しておこう









もちろん、業界全体の状況についても調べてみることが必要になります。
こちらは投資情報サイトなどをチェックしてみると、
業界の直近の状況や問題点、将来性などが掌握できるようになります。







高齢化と人口減少などから国内ビジネスはなかなか成長がはかられない
会社も増えていますが、どのような点に気をつければいいのかについては
こうした投資情報サイトを見ると意外な着目点を
見つけ出すことができるようになるものです。








やはり成長性のない斜陽産業などですと、
なかなか会社が伸びていくということはできにくくなりますから、
入社にあたっては注意が必要になることは言うまでもありません。







こうやって会社の業況といったものをチェックしていくうちに
なぜ新規採用をしようとしているのかの背景といったものも
見えてくるようになるのです。







企業研究というのは想像以上に重要なものになりますし、
業界の構造なども把握できるようになり、
相手先企業の状況はかなり明確に理解できるようになってくるものなのです。








その上で、いろいろ面接時に質問をしたり受け答えをしていくと、
相手も納得のいく返答ができるようになりプラスに働くことになるのです。
とにかく応募先企業のことは熱心に調べてみることが必要ですし、
ネットで判ることはあえて質問したりしない努力が必要になります。







こうやって事前に細かく調べておけば、
不意の質問を受けても適格に回答することができるようになるものなのです。
入社したと思って真剣に調べてみることがきわめて
重要になるというわけです。







会社というのは入ってみないと実はわからないことが沢山ありますが
その一方で、調べてみるたけでかなり理解できる部分が
多いものでもあるのです。
パーフェクトな面接を潜り抜けるためには、
こうした地道な情報収集の努力を怠らないことが
とても大切になるものなのです。
努力はかならず面接などに活かされることになります。





 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page