業界の変化をしっかり捉えることがIT転職ではきわめて重要の詳細

業界の変化をしっかり捉えることがIT転職ではきわめて重要

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket






IT業界はここ数年で大きくその状況が変わりつつあります。
これまで業界内で自分がやってきたことと業界が進もうとしている方向が
かならずしも同じではないことに気がつき始めている転職希望者も
多くなってきていると思います。






 

#ハードやソフトといった従来のカテゴリーでは捉えられないビジネス








近年IT業界で大きな存在になっているのがクラウドコンピューティングです。
これまではハードウエアを個別クライアントで購入してもらい、
それにカスタムなりパッケージなりのソフトを導入してサービスが
動くようにしてきたわけですが、このレンタルのような方式で
すぐに具体的なサービスを提供する方式は業界全体を
大きく変えようと
しているのです。







多くのIT業界で働く人たちは、この動きと自分が
今やっている仕事との整合性をどこに見つけるのか戸惑っている方も多いはずです。
特に転職を志した場合、自分のある意味でレガシーともいえるような
ビジネススキームをどう転職先に評価してもらうかは結構悩むところです。








こうした場合、自分の知見がいかにクラウドのような新しいサービスを
活かしていけるのかをしっかり翻訳して伝えていくという技術が
必要になってくるのです。










そもそものビジネススキームが大きく変化しようとしているわけですから、
業界内にいる人たちのかなり多くがそれにどう対応するか
葛藤を続けていることは間違いありません。






 

#クラウドビジネスのエキスパートはまだごく僅か









クラウドビジネスが今後主流になることは認識できていても
業界内でそれにいち早くかかわり、
エキスパートの座を築いている人は実はそれほど多くありません。








ほとんどのIT業界の人たちはこれまでのスキームの中で
自分をアピールしていかなくてはならないのえす。
業界内で求められる知見と自分の知見とのギャップを
どう埋めていくかは多くの人たちの大きな課題でもあるのです。







職務経歴書を書くときなども、
こうしたことに悩まれる方は予想以上に多いはずです。
ただ、幸いなことにクラウドビジネスにかかわっている人は
今の段階ではまだまだ一部にすぎません。








IT業界がクラウドの専門家を積極的に雇い入れたいのはよくわかりますが
実際その要件にたる人材はまだそれほど多く存在していないのです。
業界内からの雇用が6割以上を占めるIT業界では既存の業界人材を
こうした方向にトランスフォームさせて活用するしかない状況で
あるともいえるのです。







ある意味で、ここにビジネスチャンスがあるともいえるのです。
つまりクラウドにいかに親和性のある人材であるかを訴求することが
大きなアドバンテイジになる可能性がでてきているのです。







これをどうレジュメにまとめていくかという問題は
多くのIT関連の転職希望者に共通する課題になってきそうです。
自分でこの間にこつこつ勉強してきたということであれば、
その事実を開示するだけでなく、なんらかの成果物を見せる
努力をしていく必要があります。







それもなかなか難しい問題ですが、こうしたことを解決させることが
他の候補者よりも頭一つ抜きに出る重要な手法となってくるのです。
クラウド時代に求められるIT人材は俯瞰からシステムを
眺めることのできる存在です。
部分最適のエキスパートからこうした人材としても活躍する
存在であることをいかに訴求していくか真剣に考える必要があるのです。







この問題はIT業界で働く人たちが多く感じているものです。
一朝一夕で解決がつくことではありませんが、採用得意先に対しては
もっともインパクトのある訴求ポイントであることはあらかじめ
しっかり認識しておくことが必要となるのです。
ほかの人も同様に悩んでいるポイントです。
これまでの経験をベースに再構築してプレゼンする方法を考えたいものです。





 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page