目指せ福士蒼汰!建築の仕事に就くには!?の詳細

目指せ福士蒼汰!建築の仕事に就くには!?

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket





話題の月9ドラマ「恋仲」で、建築関係の仕事をしている福士蒼汰。
彼が一生懸命に働く姿や、その周囲の仲間が、
素晴らしい建築物を作り上げる姿を見て、
「建築の仕事がしてみたい」なんて感じている方も、
いるのではないだろうか?







では、具体的には建築の仕事をするためには、
どういったことを学び、どんな行動を起こせば良いのか?
そんな建築の仕事を目指す人に役立つ情報を紹介しよう。











 

#建築の仕事「建築士」










建築の仕事と言うと、まず最初にイメージするのが、
建築士というものだろう。





CareerGarden【http://careergarden.jp/kenchikushi/work/

建築士は、建築法に基づき、
建築物の設計および工事の監理を行う仕事です。
住宅やビルなどさまざまな建物の設計図を描き、
その設計図をもとに建築現場で指揮・監督をします。








これはまさに、ドラマで福士蒼汰が演じている、
あの仕事だ。
この職種では、ドラマに登場したように、
現場で監督をするという仕事内容もある。






CareerGarden【http://careergarden.jp/kenchikushi/work/

建築のイメージが固まったら、いよいよ実際の工事に入ります。
工事自体を担うのは
大工や左官など別の職業の人たちになりますが、
設計図通りに進んでいるのかを監督するのは建築士の役割です。

必要に応じて現場に足を運びながら、
細かく指示をしたり、修正案を考えたりします。
現場の工事業者とやりとりをするなかで、
設計を手直しすることもあります。








仕事の内容は多岐にわたるので、
建築に関する幅広い知識が必要、ということになるだろう。









 

#建築士になるには?









では、具体的に建築士になるには、
どのような努力をすればよいのだろうか?
まず覚えておくべきなのは、建築士という仕事には、
3つの資格があるこだ。





CareerGarden【http://careergarden.jp/kenchikushi/work/

 

<一級建築士>
設計できる大きさに制限がなく、
高層ビルから住宅まで
ほとんどすべての建築物の設計・工事監理をすることができます。

<二級建築士>
延べ面積が30�から300�までの鉄筋コンクリート造、
鉄骨造、木造の建築物の設計・工事監理を行うことができます。
一般的な住宅であれば、二級建築士の資格でカバーできます。

<木造建築士>
木造1階または2階で、
延べ面積300�以下の木造建築物の
設計・工事監理を行うことができます。










幅広く活躍したいのであれば、一級建築士を取得しておく、
というのが理想だろう。
ただし、一級建築士の資格取得のためには、
まず二級建築士として実務経験を積まなければならない。








その二級建築士を取得するためには、高校の建築・土木科を
卒業していれば実務経験3年以上、大学や短大、高専などであれば
実務経験1年以上で受験資格が得られる。
こういった学歴がなければ実務経験7年以上で受験資格を持てる
ということになる。








つまり、できるだけ早く建築士の資格を取得したい、
という場合には、それに特化した学科の勉強を重ね、
実務経験を真面目に積み重ねた上で、国家試験に合格する、
ということが必要になるのだ。
建築士になるのは、決して甘い道則ではない。









 

#建築士の給与は!?








建築士というと高給取りという印象がある。
では、実際のところはどうなのだろうか?






これは就職した会社によって大きな差がある。
また、やはり二級建築士よりも一級建築士の方が、
高給与となるケースが大半だ。








CareerGarden【http://careergarden.jp/kenchikushi/salary/

建築士というのは、
国家資格を取得した人しか就くことのできない職業です。
国家資格を取得するための試験は大変難しく、
建築士は限られた人しか就くことができない専門職です。

こうした専門性の高さから、収入も高い傾向にあります。
平均年収は677万円ほどで、月収にすると43万円ほどになります。
(平成25年度賃金構造基本統計調査)










さらに個人事務所の場合には、
能力によって収入も大きく変わる。
やりがいの大きな仕事であると言えるだろう。









 

#まとめ









ドラマで福士蒼汰は、研修医のライバルに対して、
引け目を感じるような存在になっている。
だが、実際には収入もかなり良く、
しかも誇りを持てるのが建築の仕事なのだ。








実現するには時間も努力も必要だが、
十分にやりがいのある素晴らしい職種である、
と言えるだろう。






Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page