募集の始まった転職案件は早く応募するほうがオトクなの?の詳細

募集の始まった転職案件は早く応募するほうがオトクなの?

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket





転職の募集が始まった案件というのは早く応募するほうが
お得になるものなのでしょうか?
やはり遅くなるとそれだけ不利になるものなのか、
結構気になるものです。








これは一概には言えない部分があり、
有力な応募者があれば書類選考でショートリストが形成されて
面接へとどんどんプロセスが進むことも考えられますが、
適切な応募者がいなければ継続して探していくことになるのです。









人気の職種ですと、応募は多くなりますからある程度期限をきって
一回目の面接を実施する企業というは多くなります。
その中で有力な候補者がいる場合は後発の応募は最初のプロセスに
追いつかずにペンディングになるケースも多くなってしまいます。








ただ、書類選考で残った候補者が少ない場合や、
面接の実施で思ったほどの候補者が残らなかった場合には
引き続き募集を行うケースも少なくないのです。








また応募者が少ない場合には応募があるたびに
担当部署で適宜面接を行うこともありますので、
こうしたプロセスは企業と案件によって実に様々になります。







 

#転職エージェントを通じた応募ならば状況はわかる










こうした案件は直接応募ですと確認のしようがありませんが
転職エージェントを通じて応募する場合にはある程度の状況を
エージェントが探ることで把握することもできるのです。








すでに有力な候補者が多数集まっている場合は
その旨の回答がありますので、
あっさりあきらめるしかない状況ですが
有力な候補者がいない場合には思いのほか早いペースで
面接にまでこぎつけることができるようになるのです。








しかしここでひとつ冷静に考えて見なくてはならないことがあります。
人気職種である場合に、なぜ応募者が集まらないのかということや
応募者数は多くても適格者数が少ないのかということです。








非常に特別な知見や能力を問われるために狭き門というのであれば
状況はわかりますが、比較的人気が高そうな案件なのに
募集が集まっていないとすればその理由を探る必要がありそうです。









転職というのはもちろん採用側にイニシアチブがあるのは確かですが
応募する側にも選択の権利がありますから、
まったく人気がない募集というのに応募して
本当に大丈夫かということも
多少は考えておく必要がありそうです。









早く応募したほうがいいのか、関係ないのかはやはり募集する
案件次第のところが大きくなることがよくわかります。
やはり転職というのは奥の深いものといえますね。







Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page