転職活動の面接で必ず聞かれる質問と対策5選の詳細

転職活動の面接で必ず聞かれる質問と対策5選

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

OOK58_kokosugokuyokuderutokoro500

 



転職活動での面接は、新卒の時とは違った角度から
質問されることが多くなります。


新卒の時の面接は熱意とやる気でなんとかなったけれど、
いざ転職になるとそれだけでは通用しなくなってしまったなんてことも…


今回は、転職活動の面接で必ずと言っていいほど
よく聞かれる質問と対策5つをご紹介します。

 

 

1.“前社の退職理由”


 
転職活動の面接では必ずと言っていいほど聞かれる質問ですが、
この質問の意図は「現状抱えている不満や不安などの「課題」を
転職によってどう解決したいか」というところにあります。



もちろん、前の職場の不平不満を述べるだけではNG。


「うちで採用してもまたすぐ不満を抱えて辞めてしまうかも…」と思われてしまったり、
「うちでも同じような状況になったらどうするつもりですか?」といった
突っ込みを受けてしまうことも少なくありません。


「自分はこうしたい、しかし現在の職場では実現できない、
だから転職という選択肢をとった」といった、明確な目的意識を伝えるべきです。



また、当然ながら「なぜそれが御社でなら実現できるのか」の
説明もつく内容が必要になってくるでしょう。


 

参考:面接官はコレを知りたい よく聞かれる33の質問
http://doda.jp/guide/manual/4/002.html


 
 

2.“志望理由”


 
採用担当者は、志望理由からあなたの職務上の強み、
キャリアプラン、自社の理解度、そして自社への思いをチェックしています。



例えば、経理経験があるから経理の募集に応募したというような
回答だけでは評価されません。



前職の職務経験を活かして、その企業だからこそ
貢献したいという志望動機を考えてください。



応募企業の特徴を把握していなければ、明確な志望理由を話すことはできません。

 

参考:よくある面接の質問と回答例|面接対策はマイナビ転職
http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/mensetsu


 

3.“自己PR”



まずは自分が会社に役に立つ人間だと第一印象を与えることです。


面接官も最初は貴方の事を何も分かっていません。最初が肝心です。
最初に役立つ社員になるイメージを植え付けた印象を与え面接をリードしましょう。



ポイントは、自分のキャリアや経験や強みを要約した上で、
自分が会社に貢献できる事をアピールしてみましょう。


面接官が知りたいのは応募者のセールスポイント、強み、
自社にどのように貢献してくれるかということです。



貢献意欲を伝えるのもいいでしょう。自分の実績やスキルを
コンパクトに抑えて説明することが大切です。



 

参考:転職時の面接で必ず聞かれる定番質問集
http://businessonline.web.fc2.com/


 

 

4.“仕事で大きな失敗をしたことがあるかどうか”


 
成功体験などのアピール材料だけでは応募者の本質が
読み取れないという意図でこの質問をします。


この質問は、失敗事例そのものより、その失敗を
どのようにカバーしたかという点に注目しています。


失敗を改善した経験は、今後自社で働くうえでも
大いに役立つと期待しているのです。



失敗を話すことを恐れて「失敗をしたことがない」と答えても
優秀な人材とは捉えず、むしろ問題意識がなく自分本位だと考えられてしまいます。

 

 

参考:よくある面接の質問と回答例|面接対策はマイナビ転職
http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/mensetsu


  
 

5.“今後のキャリアプラン”


 
企業も採用する以上は長く働いて欲しいと考えるのが普通であり、
もちろんあなたも入社すること自体が目的ではないはずです。


その企業に転職することで何を成し遂げたいのか、
どんな自分になりたいのか。中長期に渡るプランを描いていて当然です。



具体的な問い方で多いのは「1年後、5年後、10年後」など、
特定の時間と経験を経たあなたがどうなっているのか?といった形式。



志望動機や転職の理由との相違がないよう、
あなたが描いている「あるべき未来の自分像」を伝えましょう。


考え方としては、たとえば10年後の理想像を描いたら
そこから逆算的に「5年後はここまでたどり着いていたい、



そのためには3年後は…1年後は…」といった形で逆算していき、
ショートゴール化しておくと伝えやすいでしょう。


 

参考:面接官はコレを知りたい よく聞かれる33の質問
http://doda.jp/guide/manual/4/002.html




以上、転職で必ず聞かれる質問と対策をご紹介いたしました。


転職を決意したときには、これまで自分がどんな仕事をして、
どんなスキルを身につけたのかを一度じっくり考えてみる必要があります。


その上で、自分のやりたいことやスキルを活かせる企業を選んで
面接に臨めば、スムーズな受け答えができるようになるでしょう。


 

■参考ページ
面接対策がバッチリになったらこちらを確認する!!


 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page