業界最大手リクルートエージェントはココがすごい!転職サポート公開!の詳細

業界最大手リクルートエージェントはココがすごい!転職サポート公開!

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

rikuruto 




こんにちは!デザイナーサエコです。

 

サエコも転職する時とってもお世話になった転職エージェントの数々。
今やもうサイトに登録するだけじゃなくて、こっちの要望を汲み取った転職先の紹介を
してくれるエージェントの活用は欠かせないわ。

 

求人広告サイトを見ると、一見すんごい数の求人があるように見えるんだけど、
本当に自分の希望が叶いそうな会社なんてほんのひと握り。その中でも入ってみたら
全然予想しなかった事態に出くわしたりって事なんて結構あるから、



それは紙媒体とかネット経由だけの転職活動の怖さでもあるわよね。
しかも実際読むだけでもすごい数。ある程度条件で絞れるとは言え、全てに目を通すだけでも大変。

 

でもそんな私たちの要望をしっかり汲み取って、いかに望んでいるいい転職ができるか、
履歴書や職務経歴書の書き方、面接での受け答え、企業選びのポイントなんかを
教えてくれるのが「転職エージェント」。



転職初心者にとってはこれほど力強い味方はいないと思うわ。

 

今回はその中でも業界最大手「リクルートエージェント」に焦点を当てて、
その具体的なサポート内容を詳しく紹介していくわね!


 

■  言わずと知れた超大企業リクルートホールディングス




「リクルートエージェント」はみんなも知っての通り「リクルート」のグループ会社。


「リクルート」は社名が変わって「株式会社リクルートホールディングス」に
今はなってるけど、新卒採用の求人紹介はもちろん、第二新卒や転職、外資系企業、
さらにはアルバイトまで、本当にさまざまな分野の求人をたっくさん持っている業界最大手。



100社以上にもなるグループ企業は日本だけじゃなく世界にまで広がっていて、
誰でも何かしらで今まで一度はお世話になってるんじゃないかしら。

 

サエコも東京本社にお邪魔したことあるけど、あまりの立派さにもう絶句。
受付嬢だけで何人もいるし、エレベーターは四面ガラス張りだし、自社ビルは限りなく大きいしキレイだし。



田舎出身のサエコからしたら、まさに「ザ・オフィス」。
あそこに行ってみるだけでも面談受けてみてよかったーって思えるくらいだったわ。笑

 

ごめんごめん、話はすっかりそれちゃったけど、そんな大きいリクルートのグループ会社の中でも
「リクルートエージェント」の生業は人材紹介。



さっきも言ったように今までの経歴を一度しっかり整理して、
細かい経歴書のチェックから、希望の確認、そして転職に成功するまで全力でサポートしてくれるの。



じゃ、そのサポート内容とその流れを詳しく紹介していくわね。

 

 

■  まずはここから。パソコンでの登録作業



まずはリクルートエージェントのホームページから、あなたの情報を登録。



するとすぐに、本当にすぐに、リクルートエージェントのスタッフから連絡がくるわ。
サエコの時はメールと電話両方で「面談希望日の確認」があったんだけど、いつ面談に来れるか?



その希望日の確認と決定。まだ全然心の準備ができてないよ!って人も大丈夫。
だってそんな準備も踏まえた上で、広い心で相談に乗ってくれるのがエージェントなんだから、
まずは思い立ったが吉日!早速登録して面談予約しましょ。

 

面談日が決まったらその日までに準備しておくべきものは3つ!



・  キャリアシート(リクルートエージェントのフォーマットによる履歴書)

・  職務経歴書

・  写真

 

書類をあらかじめメールで送っておくことで、面談までに目を通してもらえて話がスムーズに進むわ。せっかくアドバイスまでもらえるんだからこの機会に古くなっちゃった職務経歴書もしっかり更新してね。

 

 

■  素直な自分を正直に。面談から見える将来展望


 
面談はもし遠方の場合だったら電話でもOK。
でもどこかの支店に行けるなら行って直接話をする方がサエコはおすすめ。



というのも転職の知識に富んだスタッフと直接話する事で
ちょっとした面接の模擬練習にもなるし、転職の現状とか、聞きにくいことでも話しているうちに
雰囲気がほぐれてなんでも聞けちゃったりするでしょ?



ここで採用の可否が決まるわけじゃないから、
ちょっとした疑問点でも聞けるのは嬉しいとこよね。もちろん服装だって何でもいいんだし。



サエコは「今から転職活動始めるんだぞー!」って
自分に気合を入れる意味も込めて、活動はじめに何社か転職エージェントをまわったわ。

 

「リクルートエージェント」の良いところとして、必ず面談してくれる事。
持ってる求人の数に自信があるっていうのもあるかもしれないんだけど、


どんな経歴でもちょっとブランクがあっても、しっかり面と向かって45分くらいの面談があるの。
で、そこでこちらの要望なりを伝えて、そこから求人を紹介してもらえるって流れ。

 
転職エージェントによっては結構ここが違って、“紹介できる求人があった時点で面談”って
いうところもあるのよ。


例えば「マイナビエージェント」とか「typeの人材派遣」とか。


基本的にどこも転職サイトで載せてる求人と人材派遣で紹介される求人って違うのよね。
だからマイナビ見てていいなって思った求人があっても同じ求人がマイナビエージェントを
通したらあるかどうかっていうのはまた別の話。

 

だからサエコ的には「今まだ転職後のキャリアがそこまで固まってないの」って人には
リクルートエージェントがすごくおすすめ。


実際いざ転職したくてサイトに登録しようと思っても「希望業種」「希望職種」で
どこにチェック入れようか迷っちゃうことない?


「あー本当はこっちもしたいんだけど、全然分野違うから大丈夫かな?」とか
「やりたい仕事はこんなことなんだけど、職種名ってこれであってる?」とか。


面と向かった面談ができればそんな小さな疑問とかすれ違いも解消できるから、
本当に自分の希望にあったことを伝えられるっていう意味でもすごくいいと思うの。

 

 

■  “今”の採用担当者のホンネを知る、面接対策



リクルートエージェントが開催してる「面接力向上セミナー」



関東地方だと、東京で月曜から土曜の毎日、埼玉・横浜で
週一回程度開催されてる面接に受かるための座学セミナー。

 

・  企業が面接の時にどんなところを見ているのか?

・  採用&不採用を分ける理由

・  自己分析の方法や自己PRの書き方

・  最新の採用動向

 

実際このセミナーに出席した人は出席してない人と比較して
3割くらい面接が通りやすくなってるっていうくらい中身の充実した約2時間のセミナー。



特に面接そのものが久しぶり、なんて人はそれだけでちょっと緊張しちゃうものよね。


サエコも当時は新卒の就職活動以来、
しかも初めての転職面接だったから受けてみてよかったーって思ってる。



やっぱり短期集中のいい転職活動のためにはきちんとした下準備は欠かせないわ!
みんなも最終的には数ある内定の中から本当にいいところを選びたいでしょ?!


そのためにも転職面接のノウハウを学ぶのは必須。

 

しかもリクルートエージェントのすごいところはこの面接力向上セミナー以外に、
個人で申し込むと1対1の模擬面接までしてくれるってこと。大体50分くらいのものなんだけど、
面接慣れしてない人は絶対受けた方がいい!



転職活動してく中でだんだん面接慣れはしてくけど、
最初のスタートラインは高いに越したことないじゃない?



面接官の立場からいいところ悪いところ聞ける機会なんてそうそうないしね。

 

 

■  リクルートエージェント求人紹介には手広く手早く



リクルートエージェントは登録すると
「Personal Desktop」っていう自分専用のページができて、
そこにどんどん求人が紹介されていく仕組みになってるの。



そこに紹介された求人の書類選考を受けるか否か、
全ての企業に対してなるべくすぐに判断して、当日もしくは翌日までに返信。



返信が遅いと定員がある求人はすぐに締め切られちゃうし、
ここは手間をかけてでもよく目を通してすぐに意思表示することが大切。

 

書類選考ってどのくらい行きたいと思ったら応募するの?って
疑問があるかもしれないんだけど、


書類にしても面接にしても少しでも興味があったらしてみる方が吉。
実際平均的に書類選考が通る確立って1割~3割程度と言われているの。
そこから更に面接2回とかあると本当に内定を勝ち取れるのはごくわずか。

 

書類選考に応募してみないことには、そもそもその土俵にも乗れないし、
まずは興味があるならどしどし応募。仮に面接まで行ってもその時点での辞退だってOKなのよ。



求人広告だけじゃ分からないって散々言ってきたけど、
もしかしたら求人だけじゃイマイチと思ってても、面接でその会社の人と話してみたら
すごい魅力的な会社だったって場合もあるでしょ。



だから行ってみないと分からない。そのためには応募してみないと始まらないの。

 

だから書類選考は自分の希望をもうちょっと広げた範囲の会社まで手広く応募。
選考が通ったら「この会社の人とちょっと直接話してみたいな」って思う会社には
どんどん面接に行くべき。



同時進行で進めていった方が内定の返事の期限なんかで困ることも少なくなるし、
一旦始まったら本当に積極的に動いてね!

 

■  面談後。揺るぎない判断力で決断



内定が決まったら、その返事を出すのは大体1週間以内。
もっと短い会社も結構あるわ。もし面接で聞けなかったこととかあったら、



面接後すぐにエージェントの担当スタッフに早く確認して、
本当に自分が行きたいかどうかを真剣に考えていくべき。

 

もう退職してしまってるって人はあまり問題ないけど、
もし会社にまだ退職の意思を伝えてないってなると結構大変。



引き止められるがままにイヤと言えなかったら、
どっちの会社ともトラブルになってしまうことだってあるわ。



そんな事がないように、何を言われても変わらない!と思えるくらいの
強い意思で転職活動に挑んでね。

 

 

■  今は転職も“スピード”が命



ここまで散々褒めちぎってきたリクルートエージェントの転職サポートだけど、
実は期限があるの。



転職サポートは開始してから「3ヶ月」。この間に基本的にはみんな内定を決めていくわけ。



もしあなたがまだ「転職したいけど、どうしよっかなー」くらいの調子じゃ何も決まらない
まま終わってしまうって事にもなりかねないから、せっかくサービスを利用するなら



「この3ヶ月全力投球で必ず決めてやる!」っていう強い意思で活動しはじめて!

 

サエコ的にはこうやって期限がある方がダラダラしなくていいと思う。
やっぱり転職活動ってそれなりにエネルギーも必要だから、長くなればなるほど中だるみもしてくし、
ここから始めようって区切りがあった方が頑張れるって人も多いと思うのよね。



平均的には1~2ヶ月で転職を決める人が多いのが現状。



今や転職活動もスピードが命!素早い状況判断と行動がとても大切よ!

 

■参考ページ
リクルートエージェントで確認する!!!

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page