30代の転職。転職後をリアルに捉える心構え6ヶ条の詳細

30代の転職。転職後をリアルに捉える心構え6ヶ条

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket




こんにちは。アラサーで転職したデザイナーサエコです。


巷でも意外と多い30代での転職。


3日、3ヶ月、3年。恋人関係でも人間は3のつく数字で飽きちゃったり、変化を求めたりしがちって言うけど、本当に3年働いて転職する人は多いの。「石の上にも3年」って親に言われて渋々仕事を続けて、3年間終わった瞬間に即転職&退社って人も、今までいっぱい見てきたわ。




でもそんな若者の転職と一味もふた味も違ってくるのが30代での転職


「今まで積み上げてきたキャリアを別の場所で活かしてみたい」


「経験ができたからこそ、次の目標にも挑戦してみたい」


新卒から30代になるまで、今までやってきた仕事にも十分やりがいを感じ、会社からの評価もそこそこあって、給与面や待遇にもそこまで不満も感じてないけど、更なる高みを目指して転職したい、キャリアアップを考えたいっていう理由で転職を考える人って結構いるの。


でも20代を完全に卒業してからの転職って勇気がいるのよね。


「これ以上年齢が上がるとさすがに厳しいかもしれない」


全く違うこと始めたいなら最後のチャンスだ」


「新しい会社にうまく馴染んでいけるだろうか」


年齢が上がれば上がるほど、当然会社も給与を多く払う事だって考えて採用を見送る可能性もあるし、どうしても年をとると人間頑固になってく人も多いから、一から新しい環境に馴染むのも大変よね。今まで数十年同じ性格と仕事方針で生きてきてるわけだから、採用する会社も新卒や20代にはない不安があるし、採用される側にも心配が出てくると思うの。


でも、そういう年齢面を考えても最後のチャンスと言えるのが30代。


言い方を変えれば30代でまだまだ新しくキャリアを積み上げなおせるってことなのよ!もし今までやってきたことと全然違う仕事に挑戦してみたくても、それがまだ可能な年齢ってこと!


30代の転職で一番大事なのはなんといっても「明確な目標」とその「心構え」。それプラスもちろん同業種であるなら、今までの豊富な経験。


もう20代に比べたら全然若くないんだから若さでとってもらおうなんて考えはスッパリ捨てて、30代ならではの魅力を十分に伝えていかなくちゃ!今回はそんな30代で転職を考えている方にお届けする、持っていて欲しい心構え6ヶ条です。

 

【意気込みも環境も違う30代の転職】




30代は、支え合う家族ができていたり、両親のお世話をしていたり、自身の子どもが生まれていたり、マイホームを購入したり、と私生活でも変化の多い10年間。もしかしたらそのために住むエリアも変わっているっていう人も多いと思う。


それに現職の会社でも平社員から係長や課長、チームリーダーとして後輩を面倒みて引っ張りつつも上司との折り合いもつける中堅どころになっているわよね。そんなノリに乗った30代での退職は現職の会社に引き止められる人も多いはず


転職するとなるとその築き上げた地位はなくなるし、人間関係もまた一から。


キャリアアップや夢の実現のためにその挑戦したい気持ちは本当に素晴らしいんだけど、現実大変なことも問題も出てきて当たり前。そんなことも踏まえて家族がいる人はよく一緒に話し合って転職するのかどうかじっくり検討してみて!


 

■ 心構えその1.リスクを恐れない




「転職」にはリスクが付きもの。現職よりいい会社に巡り会えるのか?これは誰にもわからないわ。そもそも「いい会社」ってあなたにとって何?


給与が高いこと?


望んでいるキャリアを伸ばせる仕事であること?


残業や休日出勤などの待遇が希望通りであること?


自分の中で転職理由がものすごーくハッキリ出ていたとしてもその通りに事が進むかどうかはやってみないと分からない。だから転職先が決まる前から会社を退職してしまうのはもちろん危険だし、仕事をやりながら転職活動をしていくことになる人がほとんどだと思うんだけど、そうなるとその活動に費やすエネルギーは計り知れないわ。現職の仕事の手を抜くわけにもいかないし、自身のプライベートの時間を削って活動していくことになるわけだから、相当の覚悟が必要よ!


 

■  心構えその2.困難を打ち砕く強い意気込み




「せっかく一度きりの人生だから他のこともしてみたいな」


「一回も転職したことがないから他の会社にも興味がある」


もしあなたがそんな安易な考えで転職を考えているならやめといた方がいいわ!そんな“ぼんやり”転職してみたいなぁくらいの気持ちで転職できるくらい世の中甘くないの!じゃなかったら新卒生なんてとっくに全員就職できてるはずでしょ?そんなので活動してもロクなの見つからずに「あぁ前の会社の方がよかった」って思うのがオチよ!


だって何年も勤めている会社ではそれなりに信頼も人間関係もできてるよね。それなりに真面目にコツコツやっていれば、30代で係長&課長クラスになっている人も多いわ。そこに至るまでに手に入れた信頼って結構大きいものなんだってこと、自覚しておいて!退職したら嫌でも気がつくと思うけど、30過ぎてからまた信頼を構築していくのって結構エネルギーがいるんだから!


しかも新卒と中途採用でちょっと扱いが違う会社って結構あるの。古い会社であればあるほど、やっぱり新卒採用者を大事にするって風潮があったりね。そんなところに中堅世代の30代がポッと入ったら、馴染むまでにも時間もかかるかもしれないし、みんなあなたの実力を査定してくるの。ちょっと意地悪なところだとせっかく採用されても


「あの中途、どれくらい仕事できるのか見てやろうぜ」


みたいなノリ。わかるでしょ?せっかく採用されても「仕事できない」って認知されちゃったらそこから周りの信頼を得ていくのも出世街道に乗るのも大変。現職の会社にいたらしなくてよかった苦労を乗り越えていく覚悟が必要なわけ。


 

■  心構えその3.年収が下がったっていい!




年収アップを目標に転職したい人もいるのは知ってる。でも「お給料」ってその会社で認められて、その対価として支払われるわけでしょ?


だからいくら求人広告に額面が載っていても本当にその金額に達するまではちょっと時間がかかるかもしれない。それにもし実力不足だと判断されたら査定で減らされる可能性だってあるわ。本当に年収だけが目的だと面接でもついそんな事ばっかり聞いてしまって、そんなこと繰り返してたらそもそも採用だってされない。


もちろんお給料は大事なんだけど、それだけに執着しない!今まで積み上げてきたものがある現職を捨てて新しい環境に飛び込むんだから、お給料は若干下がっても当たり前、いい仕事をすればいつか返ってくるんだ!っていう心構えが大事よ。


それにちょっと話はずれるけど、人生60歳か65歳まで働くことを考えるとその間に積み上げられる退職金だって転職組は減る可能性が多いわよね。企業によっても違うと思うけど、退職金ってバナナ曲線みたいに上がっていくから、長く勤めれば勤めるほど金額が一気に膨らんでいくシステムを採用していればそれもまだゼロスタートかも。


かと言って終身雇用制度も崩壊気味だから、そんな退職金目的で会社にとどまっている30代なんていないと思うけどね(苦笑


とにかく目先の美味しい話ばっかりに釣られないで!


 

■ 心構えその4.役職なんて関係ない!




会社って係長くらいまではエスカレーター式ってとこも結構あるけど、上のポジションになってくるとその人の仕事の出来具合とか周りからの信頼性の高さ、人あたりの良さとかで決まったりするでしょ?その時に長くその会社に勤めている人の方がもちろん人間関係だって出来上がっているわけ。新しく中途で採用された場合はその歴史も短いし、自分の思っている以上にすぐは実力を発揮できないかもしれない。だから上に上にって上がっていくことは現職よりも困難になることが考えられるの。


だから将来は椅子に深く座ってハンコ押すだけの部長になりたい、なんて願望がある人は転職は不向きかもしれないわね。



 

■ 心構えその5.残業だって多少の苦労だってドーンと来い!




転職したらしばらくは絶対に今までよりも忙しくなると思っておいて!


当たり前のことだけど、新しい会社、新しい規則、新しいシステム、新しい人間関係の中で新しい仕事をしていくわけよ。今まで慣れ親しんで来たものはそこにはもうないの。


しかも周りは今まで自分をサポートしてくれた同僚じゃなく、あなたを査定してやろうと見定めている人ばかり。何でも言うこと聞いてくれた後輩も、信頼してくれていた上司もそこにはいないわ。また一からその全てを作り上げていくことがどれほどの労力か・・・。


でもちょっと飛躍した言い方しちゃったけど、それでも一生懸命働いてあなたの実力が認められれば、周囲との信頼関係だって築けるし、相応のお給料もいただける。


そうなるまでの一定期間は今まで以上にしんどいんだって事覚悟してから挑んでね


 

■ 心構えその6.挑戦するココロを忘れない、転職はチャレンジ




いろいろ脅すようなことたくさん言ってしまったけど、30代で転職するなら大事なのは「チャレンジ精神」


「築き上げた心地よいぬるま湯の中に浸かっていたいなー」なんて人には全然おススメできないのがこの年代での転職なの。35歳が一つのボーダーラインのように言われてるけど、確かに職種を変えたいのであれば35歳くらいが限界なのが正直なところ。だって40歳のオジサマと新入社員が肩を並べて一緒に仕事している光景なんて見たことある?


同じ業種・職種で転職したいのであっても、油がのってる30代の転職は、自身の求めてるキャリアに就けたり年収がアップしたりって可能性がまだたくさんあるわ。


本当によく考えてそれでも転職したいのでれば、転職活動中のことはもちろん、その先採用されてからも考えられる様々なリスクをも打開していく心構えで頑張ってね!


Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page