​【薬剤師】転職成功への近道は、この転職エージェントだ!の詳細

​【薬剤師】転職成功への近道は、この転職エージェントだ!

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket



 


専門を学んだ手に職のお仕事「薬剤師」

・    転職先がすぐ見つかる
・    給料が良い
・    安定している
・    勤務形態が豊富
・    キレイなお仕事



何かと“良い”イメージの多い薬剤師だが、実際働いている人から聞こえてくる“不満の声”
どんな仕事でもそうだが、キレイ事ばかりでは済まされないのが、この世知辛い世の中だ。




ある調査によると学校を卒業した新人薬剤師の離職率は11%にも上るという結果まで出ている。




では、一体彼らはどうして薬剤師をすぐ辞めたくなってしまったのか?
まず新人薬剤師が退職を決めたいくつかの理由をご紹介しよう。





新人薬剤師が辞めたいと思ったら、読んでみたいサイト
(http://xn--n8jtc3el3879a2ue91x6xns21e.com/)

・ドラックストア勤務だが、調剤経験を積むために教育制度の整った薬局にいきたい。
・病院薬剤師に入ったが、薬局長の人間性についていけないし、陰湿なパワハラがある。
・新卒で入ったが身分が不安定、正社員で働きたい
・将来の独立を考えると、いろいろな経験ができる総合病院の門前調剤がいいと思う。
・大学の同級生と比較して、年収が100万円以上少ない
・サービス残業が多い、土日に休めないのが苦痛だ。
・実は地域医療に興味があって、薬剤師として地域医療の核となる調剤薬局で活躍したい
・本当は治験業界に行きたいと思っていた。





一言で“薬剤師”と言っても、病院に勤めるのか、もしくは薬局勤務か、
はたまた総合病院か、小さい個人病院なのか、
働く場所によってその環境や仕事内容は大きく異なってくる。




職業柄、薬剤師は普通の中小企業はもちろん、
大企業では必ず行われるような“新人研修”があまりない。




そのため、学校で学んでいたとはいえ、
すぐに実践で知識を活用することが出来ない新人薬剤師は、
入社直後に多大な精神的ストレスを抱えるケースも少なくない。






2012年から導入された「薬剤師6年制度」により知識の豊富な薬剤師は増えてはきている。
しかし知識と実技はまた違う。


そして実際働くとなると“入ってみないと分からない”内情もあるものなのだ。





そこで今回は、薬剤師として転職を成功させるためのおススメツールをご紹介したい。



 

■    薬剤師転職の強い味方は“エージェント”


薬剤師転職をしようと思うとき。
まずはこれからのキャリア、
すなわち自分自身の希望をしっかりと明確にしておくことが必要になってくる。



・    調剤薬局に勤めたいのか
・    大きな総合病院でバリバリ働きたいのか
・    給与はどの程度を希望しているのか
・    勤務地は都市部限定か、もしくは郊外希望なのか
・    勤務形態は正社員か、派遣か、パートか




これらのことをしっかり洗い出すだけで、
まずは自分の築いていきたいキャリアの方向性が見える。




そしてそのキャリアを叶えるための転職先を探すために
一番近道をなってくるのが“転職エージェント”の活用なのだ。



ここで“転職エージェント”をおススメしている理由は大きく分けて2つある。



1つは「転職エージェントしか知りえない内情付きの求人があること」
そして2つ目は「転職活動にかける労力を大幅に節減できること」だ。



どの職種でも言えることだが、転職エージェントは多くの非公開求人情報を持っている。
さらにその一つ一つの求人に対して、
求人誌からでは得られない“内情”を知っている可能性が非常に高い。




基本的にエージェントは求人を出している病院なり薬局なりの現地に訪れ、
実際働いている社員に話を聞いている。




そのため働いている人から生の声を聞くことができ、転職希望者により現実的な、
そして正確な状況を伝えることができる。




そのため働いてから「こんなはずじゃなかった!」
という最悪の事態を回避できることが多いのだ。





そして2つ目に挙げた「転職活動への労力削減」





冒頭から述べているように、薬剤師はその勤務形態や勤務地一つをとっても、
非常に多岐に渡る。そのため一つ転職先を探そうとしても、
一体どこからどう探していけば自分が思い描いているような勤務先が見つかるのか、
その過程でヘトヘトになってしまう人も少なくない。





その点、転職エージェントを活用すれば、自身の希望を的確に伝えるだけで
エージェント側からあなたに適した勤務先を提案してくれる。
それは働きながら転職活動をしたい人にとっては特に、多大な時間の節約になるのだ。






勤務地や年収、雇用形態、そしてさらには“未経験”や“待遇”など
細かな検索条件をかけて調べることで、希望に合っていないところを
いちいち閲覧する必要もなく、手間が減る。






ある程度希望条件にかなったところの実情を伺い、良さそうなら選考に進む。
そうすることで余計な時間もエネルギーも必要がなくなる。
精神的負担、肉体的負担が少ないまま転職活動を進めることができるのだ。




数ある薬剤師専門の転職エージェントの中でも、
やはりおススメしたいのは業界最大手でもある「リクナビ薬剤師」




リクナビ薬剤師

http://rikunabi-yakuzaishi.jp/contents/case/

 

日々多くの新着求人があり、今までも数多くの実績を持つリクナビ薬剤師。
まずは登録だけでもしてみてはいかがだろうか?





Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page