​やっぱり会社員が楽!?フリーになると大変な6つ【前編】の詳細

​やっぱり会社員が楽!?フリーになると大変な6つ【前編】

Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket




「隣の芝は青く見える」
とは、本当にどこの世界でも共通して言えること。




サラリーマンとして会社にこき使われていれば、時間を自由にできるフリーランスが羨ましくなり、
いざフリーになると、初めて会社員としてのありがたさを知る。




今回は会社員の時はなかなか気づけない、フリーランスになったら大変なポイント6つをご紹介したい。




 

#1 仕事のオン/オフはすべてあなた次第





家でのんびり起床。
パジャマから着替えもせずに、コーヒーを飲みながらメールチェック。
平日でも土日でも誘いがあればすぐランチへGO。




なんてイメージをされているフリーランスという立場。



確かにいつ、どこで、誰と働くのか、すべてのスケジュール管理はあなた次第だ。





しかし、その逆を考えてみてほしい。
一体いつが“本当の休み時間”となるのか。
そう、そこには仕事漬けになってしまう可能性も含んでいるのだ。




Lifehacker(http://www.lifehacker.jp/2014/01/140115working_for_myself.html
「会社員からフリーランスに転身する前に知っておくべきだった5つのこと」より

「自由な時間」の意味を忘れてしまうかもしれない
会社員の良い点は、少なくとも多くの業界においては、定時になったら仕事を切り上げ、
家に帰って自分の時間を持てるという点です。フリーランス/自営業者になり、お金だけでなく、
時間や感情も含めて全てを自分の挑戦に投資することになると、
いわゆる会社員にとっての「家に帰る」ということが無くなります。

とにかく多くの業務を抱えるようになるだけでなく、常に仕事のことを考えるような状況にも陥りかねません。
自分で事業を運営するというのは、仕事が趣味のようなものになるのと同時に、
1日または人生のすべてを仕事に捧げる必要があるほどの責任を抱えてしまうことにもなりかねません。




メリハリをつけられるタイプでなければ、
特にフリーになり立てで“一日中仕事地獄”に陥ってしまう可能性も大きい。




 

#2 やりがいだけではもう食べていけない



いくら“やりがい”のある仕事でも割に合わなければ、
泣く泣く他の仕事に手を回さなくてはいけない時もある。



Lancersマガジン(http://www.lancers.jp/magazine/4862
「「フリーランス」で苦労することとは?」より

収入が安定しない
フリーランスの仕事は、やればやった分だけ収入になります。
しかし、フリーランスになったその時から多くの仕事がこなせるわけではありません。
最初は生活していくだけで精一杯というフリーランスもたくさんいますし、
貯蓄を切り崩しながら何とかしのいでいるという状態のフリーランスも多いものです。

今月あった仕事が来月もあるとは限らないため、月々の収入も一定ではありません。
また、仕事をしても、仕事を終えた瞬間にお金が入るわけではなく、
1-2ヶ月のタイムラグがあってようやく報酬を手にすることもあります。
ゆえに、仕事をこなしながら、収入のタイミングを常に把握しておく必要があるでしょう。

仕事ができない時は収入が途絶える
当然といえば当然ですが、フリーランスは仕事をしなければ収入がゼロになります。
病気になって仕事ができない状態でも、何の保証もありません。病気まではいかなくとも、
体調を崩した状態で無理して仕事をすることは品質の低下や納期の遅れにもつながる可能性があり、
仕事の継続や責任問題にも関わってきます。






そう。
「時間」にしても「給与」にしても、もはやここには“安定”なんてない。





Spotlight(http://spotlight-media.jp/article/24972842952117748
「フリーランスの心得(悶絶・絶望編)「とにかくカネない、軽んじられる、使い倒される」より

何かしらの逆鱗に触れ、いきなりクビになる
フリーランスは「切りやすく使い勝手の良い労働者」。
仕事を始めるにあたっても、契約書なんてもんがないことも多く、ちょっとしたことでいきなり
「お前はクビだ!」と言われる。「遅刻した」や「挨拶がなかった」「ドタキャンした」
で正社員をクビにするのは難しいが、フリーの場合はこれらでも十分な理由になり得る。



 

#3 もう誰からも守られない立場に




サラリーマンをしている時は、特に何もしていなくても
“会社があなたを守ってくれていること”は山のようにある。



フリーランスになって1年が経った - 会社員とかフリーランスとかスタートアップとかの前に –(http://ya-ko.com/blog/

会社は色んなことから守ってくれる
フリーランスになって痛感したのは、会社は本当に色んなことから守っていてくれたということ。
税収、保険、身分証明、毎日少しずつでも積もると大きい交通費、煩雑で面倒で地味な事務作業。
それに、営業しないと仕事も来ないので、営業活動もそう。
特に税収と保険にはこの1年悩まされ続けている。
例えば、退職する月にものすごい勢いで所得税を徴収されるので退職月は給与の半分くらいが持って行かれるし、
できるだけ口座の残高に余裕があるうちに収めてもらおうという目的なのか、
かなりの額を組織から離れたら間髪を入れず請求される。





収入がない。


仕事がない。


納期が間に合わない。



この責任はすべて自分自身にある。

今まではデザイナーとしてだけやってきた人でも、
営業活動をして仕事をとってこないことにはフリーランス活動がままならないのだ。




脅すようだが、これはすべて本当のこと。
まだまだあるフリーランスのブラックポイントの続きは後編でお届けしよう。




 
Facebook Twitter はてな Line google+ Pocket

著者情報

転職サエコ

転職サエコ

大学卒業後、お堅い年功序列会社に入社。締切に追われる残業生活の中、仕事のノウハウと世の中の厳しさを知る。30歳目前、キャリアアップを図り若いベンチャーへ転職。とにかく人と話すのが好き。趣味は旅行。仕事は楽しく!をモットーに、新しいことに挑戦するのが大好きな現役グラフィックデザイナー。

今の仕事の満足してますか?新しいキャリアのために情報収集しましょう!

転職するにせよしないにせよ、キャリアに対してしっかりと向き合うことで仕事に対するモチベーションをアップすることが出来ます。まずは自分自身の経歴やスキルを棚卸した上で、特徴にあった求人サイトや転職エージェントを探して登録してみましょう。

変化と不確実性の高い現代におけるリスクマネジメント方法を徹底解説します。

本転職マニュアルは単なる転職ハウツーではなく、

これからの変化が激しい時代に柔軟に対応するために
欠かせない、「キャリアを築いていく」

という視点を持った実践的な転職の戦略を紹介しています。

AsLinkWorkを購読する

記事に紐付いているカテゴリ

記事に紐付いているタグ

ランキング

  • 転職求人サイト
  • エンジニア転職エージェント
  • 看護師転職エージェント
  • 派遣会社
follow us in feedly
page